黄金 の 国 遠藤 周作

黄金 の 国 遠藤 周作

黄金 の 国 遠藤 周作



黄金の国: English Title: The Golden Country: Author: 遠藤 周作: Author's Profile: 1923年東京生まれ。1935年にカトリック教会にて受洗。1948年慶応大学文学部仏文科卒。1950年から1953年にかけてフランスに留学。帰国後、1954年にはじめての小説「アデンまで」を発表。

二十一世紀に贈る遠藤文学の貴重な遺産。「沈黙」の姉妹篇として好評を得た傑作「黄金の国」、第二次世界大戦の状況下でのキリスト者のドラマ「薔薇の館」、「メナム河の日本人」ほか三戯曲。

Amazonで遠藤 周作の薔薇の館・黄金の国 (1969年)。アマゾンならポイント還元本が多数。遠藤 周作作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また薔薇の館・黄金の国 (1969年)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。 随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。

「黄金の国」「薔薇の館」 (遠藤周作--グロ-バルな認識<特集>) -- (作品を読む) 今村 忠純 国文学 解釈と教材の研究 38(10), p102-105, 1993-09

実家の二階にある昔の私の部屋の本棚から、こんな古い本見つけたー!遠藤周作「薔薇の館」「黄金の国」「黄金の国」は、隠れキリシタンをテーマに書かれた戯曲で、このあとにあの「沈黙」が書かれます。ハードカバーの単行本・・・600円だって。表紙デザインもすごくこってるー最近こう ...

『薔薇の館・黄金の国』(1969年、新潮社) 『楽天大将』(1969年、講談社)のち文庫 『遠藤周作怪奇小説集』(1970年、講談社)のち文庫 『愛情論-幸福の手帖』(1970年、虎見書房) 『遠藤周作の本』(1970年、kkベストセラーズ) 『石の声』(1970年、冬樹社)

「黄金の国」は遠藤周作さんが1969年に書き上げた戯曲です。戯曲においても、日本での激しいキリスト教弾圧を描きました。1982年に、作曲家・青島広志によってミュージカル化されて以降、なんども舞台化されている作品です。

「黄金の国」「薔薇の館」 (遠藤周作--グロ-バルな認識) -- (作品を読む) 元データ 学灯社 著者(集計中) 学灯社 関連論文

『沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説。1966年に書き下ろされ、新潮社から出版された。 江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。 。第2回谷崎潤一郎賞受賞

黄金 の 国 遠藤 周作 ⭐ LINK ✅ 黄金 の 国 遠藤 周作

Read more about 黄金 の 国 遠藤 周作.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
The virtues of being punctual are largely offset by having to wait for people who aren't.
Guest

Some people treat their religion like a spare tire--they never use it except in an emergency.

Guest
People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.
Calendar
MoTuWeThFrStSu