雪国 川端 康成 解説

雪国 川端 康成 解説

雪国 川端 康成 解説



 · 『雪国』は一言で言ってしまえば、大人の恋愛物語。しかし川端康成ならではの美しい描写と物語世界が、読者を魅了します。ストーリーよりも場面場面の雰囲気を堪能したい、極上の恋愛小 …

 · 川端康成の小説『雪国』のあらすじや感想、読み方の解説!. 二人の女性が「鏡写し」にされた日本文学の金字塔. 日本で初めてノーベル文学賞を受賞したことで名高い作家、川端康成。. 川端の数多い著作の中でも、特に 『雪国』 は 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」 という書き出しと相まって、彼の代表作として有名です。. 雪国 (新潮文庫) 新潮社 ...

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情に映されながら、美的に抽出されて描かれている 。

『雪国/川端康成』のあらすじ・解説 . ここからは「雪国/川端康成」のあらすじと解説です。 葉子に惹かれる島村と、出迎える駒子 . 国境の長いトンネルを抜けると、そこは雪国でした。

 · 日本文学, 川端康成. 雪国, 駒子, あらすじ, 解説, 感想. 言わずと知れた川端康成の代表作『雪国』を紹介します。. この小説は、日本のみならず海外でも評価が高く、多くの翻訳がなされています。. 冒頭の一文. 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった. はあまりにも有名であり、読者を一気に「雪国」という夢幻の世界へと引きずり込みます。. 多少読みにくく ...

雪国 川端 康成 解説 ⭐ LINK ✅ 雪国 川端 康成 解説

Read more about 雪国 川端 康成 解説.

6
7
8

Comments:
Guest
If God shuts one door, He opens another.
Guest

Better to be square than to move in wrong circles.

Guest
In the eyes of a child, there are 7 million wonders of the world
Calendar
MoTuWeThFrStSu