雨傘 川端 康成

雨傘 川端 康成

雨傘 川端 康成



川端康成 1899―1972 ・「雨傘」は「掌の小説」所収。 = 新感覚派 らしさがよく表れた作品 (鋭い感覚で世界の姿をとらえ、従来にない 斬新な表現をこころみた) ・日本初の ノーベル文学賞 受賞者

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

まず注目したいのは、冒頭の雨の描写である。「濡れはしないが、なんとはなしに肌の濕る、霧のやうな春雨だつた」「春雨」という言葉ひとつで、この物語全体を表していると言っても過言ではないだろう。詩歌にもよく用いられる季語としての意味は、「しっとりと暖かく降り包む春の雨 ...

筑摩書房が出している『ちくま日本文学 川端康成』を久しぶりに開いてみました。私は、川端康成というとなぜか田舎の仏壇と線香の香りを思い出します。作家それぞれで想…

 · −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 【本日の電波状況】 PiPiPiPi!ひらちゃです。 今回は前々から言っ ...

 · 川端康成作『掌の小説』を教材に頂きました。『掌の小説』は 川端康成が40年に渡って書き遺した珠玉の小品集とのこと 中でも『夏の靴 ...

川端康成の「掌の小説」の詩学 に即して感得される。 姿でもあり、とりわけ描かれた世界の中心的人物や事物のありょうは詩的主観も体験するが、また詩的主観が合一的に観照する世界の世界を虹のごとく瞬時に彩る様相が「純情」である。

 · 【ホンシェルジュ】 川端康成は日本初のノーベル文学賞作家。鋭い洞察と柔らかな文体で書かれた彼の作品は、今もなお、多くの作家に影響を与えています。時に切なく、時に官能的。そんな美しい文章をとことん味わえる、川端康成の10作品をご紹介します。

雨傘 川端 康成 ⭐ LINK ✅ 雨傘 川端 康成

Read more about 雨傘 川端 康成.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
Doubt your doubts instead of your beliefs.
Guest

A bad habit is nothing more than a mistake repeated.

Guest
Do not neglect to show hospitality to strangers, for thereby some have entertained angels unawares.
Calendar
MoTuWeThFrStSu