遠藤 周作 白い 人

遠藤 周作 白い 人

遠藤 周作 白い 人



Amazonで周作, 遠藤の白い人・黄色い人 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。周作, 遠藤作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また白い人・黄色い人 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。

フランス人でありながらナチのゲシュタポの手先となった主人公は、ある日、旧友が同僚から拷問を受けているのを目にする。神のため、苦痛に耐える友。その姿を見て主人公は悪魔的、嗜虐的な行動を取り、己の醜態に酔いしれる(「白い人」

遠藤周作『白い人・黄色い人』(新潮文庫)を読みました。 「白い人」で 芥川賞 を受賞していることもあり、『白い人・黄色い人』は、遠藤周作の原点として読まれることが多い作品です。

1.まえおき 遠藤周作氏の三番目の作品として「白い人」を採り上げました。この本は氏の初期の作品であり(昭和30年5月に発表、6月に完結)、芥川賞を受賞(昭和30年7月に第33回芥川賞受賞)しています。

『白い人・黄色い人 (新潮文庫)』(遠藤周作) のみんなのレビュー・感想ページです(111レビュー)。

この『黄色い人』は、遠藤周作の初期の作品で、芥川賞受賞作である『白い人』とセットになって文庫本になっています。舞台は兵庫県は仁川、関西学院大学辺りが舞台となっています。 黄色い人、というのは、もちろん、我々黄色人種のことです。

遠藤 周作『白い人・黄色い人』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

「わるくはないが、アカデミックの形式主義か、飜訳小説に似て、瓶詰をたべるような味だと思った。」「「白い人」遠藤周作氏が当選したことは、西洋小説のようなものも日本人が描けるのだという意味で面白いと思った。」 舟橋聖一

遠藤 周作 白い 人 ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 白い 人

Read more about 遠藤 周作 白い 人.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
The most difficult part of getting to the top of the ladder is getting through the crowd at the bottom.
Guest

If everything went like clockwork, the ticking would drive us nuts.

Guest
The right to do something does not mean that doing it is right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu