遠藤 周作 沈黙 新潮社

遠藤 周作 沈黙 新潮社

遠藤 周作 沈黙 新潮社



遠藤周作 新潮社から本を出すと、売れゆきの悪い本を売るために講演を頼まれます。しかし生まれたての赤ん坊がいい子か悪い子か、母親でも分かることではありません。ギャーギャー泣いている赤ん坊と距離が短すぎて、うまく判断ができないんです。

『沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説。1966年に書き下ろされ、新潮社から出版された。江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。第2回谷崎潤一郎賞受賞作。この小説で遠藤が到達した「弱者の神」「同伴者イエス」という考えは、その後の『死海のほとり』『侍』『深い河』といった小説で繰り返し描かれる主題となった。世界中で13か国語に翻訳され、グレアム・グリーン

Amazonで遠藤 周作の沈黙 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。遠藤 周作作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また沈黙 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

遠藤周作の文章ってこんなに読み易くすっきりしていたんですね。 この問いは全編を通じて主人公より創造主たる神に投げ掛けられます。 様々な登場人物達の様々な信仰の形 その中で次の問いが浮かびました。 「如何にあなたは創造主と向き合うのか?

 · 沈黙(遠藤周作):新潮社)島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制の厳しい日本に潜入したポルトガル人司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる

 · 遠藤周作『沈黙』は昭和41年、新潮社より出版。出版後、たちまち文芸界の話題をかっさらった。 出版のその年のうちに、キリスト教系の雑誌から文芸誌まで、十数編の評論が発表された。また、シンポジウムや座談会も開催されたという。

『遠藤周作短篇名作選』講談社文芸文庫 2012 『人生の踏絵』新潮社 2017 『沈黙の声』青志社 2017 『遠藤周作全日記』(2018年、河出書房新社)、2巻組; 講演録. cd版 遠藤周作講演選集〈全6巻〉アートデイズ、2002年3月; 共著

『遠藤周作短篇名作選』講談社文芸文庫 2012 『人生の踏絵』新潮社 2017 『沈黙の声』青志社 2017 『遠藤周作全日記』(2018年、河出書房新社)、2巻組; 講演録. cd版 遠藤周作講演選集〈全6巻〉アートデイズ、2002年3月; 共著

遠藤周作 エンドウ・シュウサク (1923-1996)東京生れ。幼年期を旧満州大連で過ごし、神戸に帰国後、11歳でカトリックの洗礼を受ける。

遠藤 周作 沈黙 新潮社 ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 沈黙 新潮社

Read more about 遠藤 周作 沈黙 新潮社.

2
3
4
5

Comments:
Guest
No brook is too little to seek the sea.
Guest

People with patience put up with people they'd rather put down.

Guest
Age is a high price to pay for maturity.
Calendar
MoTuWeThFrStSu