遠藤 周作 母 なる もの

遠藤 周作 母 なる もの

遠藤 周作 母 なる もの



Amazonで周作, 遠藤の母なるもの (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。周作, 遠藤作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また母なるもの (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送 …

遠藤周作「母なるもの」論 笛木美佳 一 遠藤周作において母を書くとはいかなる行為だったのだろうか。 遠藤は昭和四十二年十月に発表された「母と私 (1) 」の中で、次のように書 いている。 私はいつか母のことを小説に書きたいと思っているが ...

母なるもの. 遠藤周作/著 572 円 (税込) 発売日:1975/08/25 ... というテーマを追求する作者が、裁き罰する父なる神に対して、優しく許す“母なるもの”を宗教の中に求める日本人の精神の志向を、自身の母性への憧憬、信仰の軌跡と重ねあわせて、見事に ...

遠藤周作の短篇集。母なるものとは、母なる神、母なる宗教を指す言葉だろう。遠藤の宗教観である。遠藤の思想が端々にまで行き届いたものだと思う。長編のようにプロットを細かく気にしない分、短編は思想的になりやすいだろう。

日本人的宗教観と「母の愛」のようなものを求めずにはいられない人を描いた作品を中心に収録した短編集である。「遠藤教」とも言える作者の宗教観を手軽に読むなら、うってつけの1冊ではないかと思う。私が最高に好きな短編集は『月光のドミナ』だけれど、も

 · 遠藤周作と「母なる神」 12. balien 2018/11/09 23:10 時間を見つけては少しずつ遠藤周作を読み直してみているわけだが、今回の再読で改めて発見したことがある。 ... と中心的テーマとして提示されるのは『沈黙』以後の「影法師」「六日間の旅行」「母なるもの ...

遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。

 · 今年は遠藤周作没後20年、そして『沈黙』刊行から50年という年であり、長崎ではシンポジウムも開催された。それを記念して出版された本書には ...

日本のお宝からおうちごはんまで、最強の参考書3選! 〈とんぼの本〉は、1983年の創刊。 美術、工芸、建築、写真、文学、歴史、旅、暮らしをテーマにしたビジュアルブック・シリーズです。

母なる神への旅―遠藤周作 “沈黙”から ... 信仰というものが、やはり自分に肌にぴったり来るんではなくて、そこに違和感を感じるもの―遠藤さんの言葉で言うと、「合わない洋服を着せられた」と表現してますけれど、そういう言葉で。 ...

遠藤 周作 母 なる もの ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 母 なる もの

Read more about 遠藤 周作 母 なる もの.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Guest

Wisdom is knowing what to do next; virtue is doing it.

Guest
One-third of the people in this country promote, while the other two-thirds provide.
Calendar
MoTuWeThFrStSu