遠藤 周作 全集

遠藤 周作 全集

遠藤 周作 全集



遠藤周作 エンドウ・シュウサク (1923-1996)東京生れ。幼年期を旧満州大連で過ごし、神戸に帰国後、11歳でカトリックの洗礼を受ける。

遠藤周作文学全集(全15巻) 遠藤周作. 生涯をかけて日本人にとってのキリスト教を追求した狐狸庵先生、遠藤周作氏の「純文学作品」のすべて。 ...

遠藤周作文学全集 フォーマット: 図書 責任表示: 遠藤周作著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 新潮社, 1999.4-2000.7 形態:

遠藤周作文学全集 遠藤周作著 新潮社, 1999.4-2000.7 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

『遠藤周作文学全集』〈全15巻〉(1999-2000年、新潮社) 『十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。』(2006年、海竜社)のち新潮文庫 『遠藤周作短篇名作選』講談社文芸文庫 2012 『人生の踏絵』新潮社 2017

『遠藤周作文学全集』〈全15巻〉(1999-2000年、新潮社) 『十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。』(2006年、海竜社)のち新潮文庫 『遠藤周作短篇名作選』講談社文芸文庫 2012 『人生の踏絵』新潮社 2017

: 22 「最後まで残った。」「遠藤の力作は頼もしい。」「遠藤とは僅に一面識だが、他の候補者がすべて見ず知らずのなかで遠藤との面識がかえって遠藤の支持を妨げるような気分であったが、候補作をもう一度全部思い返してやはり遠藤を採るのが至当と思えた。

作家・遠藤周作の魅力は「生きる勇気が湧いてくる」物語にあります。時代に翻弄(ほんろう)される人間を主人公に、いつも一番弱い者の立場から人間のリアルを描きます。人間は何を求め、何につまづき、何に祈るのか。そう問い続けた作品を読んで、前に進む勇気をもらいましょう!

遠藤 周作 全集 ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 全集

Read more about 遠藤 周作 全集.

3
4
5

Comments:
Guest
Gentleness and kind persuasion win where force and bluster fail.
Guest

A truth that's told with bad intent beats all the lies you can invent.

Guest
You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.
Calendar
MoTuWeThFrStSu