谷崎 潤一郎 鍵 朗読

谷崎 潤一郎 鍵 朗読

谷崎 潤一郎 鍵 朗読



 · ※昭和文学を 読む,※「鍵,4」,谷崎潤一郎,作,※昭和文学を 読む,※朗読新館※https://youtu.be/QZB4kOt0L8A「鍵,3」,谷崎潤一郎,作 ...

谷崎潤一郎による性愛小説の代表作。 京都に住む大学教授の夫は、妻郁子とは長年、暗闇の中でしか関係したことがなく、その姿態を明るい灯の下でじっくり味わいたいと願っている。

響林社(きょうりんしゃ)では、女性朗読家のwis氏による純文学を中心とした朗読シリーズ「<声を便りに>オーディオブック」シリーズと、肉声に近い自然さを追求した高性能の合成音声を使った「しみじみ朗読文庫」シリーズを販売しております。また、大きい文字で名作が読める …

 · 作:谷崎潤一郎朗読:佐藤慶初出:「中央公論」1911年(明治44年)11月号

『鍵』(かぎ)は、谷崎潤一郎の長編小説。読まれることを前提にして書かれた日記をお互い盗み読みする夫婦の愛欲の物語。 この日記形式の物語世界を読む者もまた窃視の主体となるという仕掛けの構図を持つ作品である 。 谷崎の代表作の一つで、翻訳も世界各国で行われている。

 · 谷崎潤一郎『お艶殺し』(全5回)大正4年(1915年)1月1日発行の「中央公論」に発表された。 其の一 「道行き」駿河屋の一人娘お艶と番頭の新助 ...

 · 谷崎潤一郎 作平幹二朗 朗読初出 「中央公論」1931年(昭和6年)1~2月号画像は拾い物です。初視聴の方はまずお手元に岩波文庫版「吉野葛・蘆刈 ...

 · 作:谷崎潤一郎朗読:佐藤慶初出:「新思潮」第3号 1910年(明治43年)11月

谷崎 潤一郎: 作家名読み: たにざき じゅんいちろう: ローマ字表記: Tanizaki, Jun'ichiro: 生年: 1886-07-24: 没年: 1965-07-30: 人物について: 「谷崎潤一郎」 [

えあ草紙で読む青空文庫(無料) 著者:谷崎 潤一郎 作品名:鍵 底本:「鍵」 中公文庫、中央公論社 1973(昭和48)年12月10日 初出:「中央公論」中央公論社、1956(昭和31)年1月、5月~12月 文字遣い:新字新仮名

谷崎 潤一郎 鍵 朗読 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 鍵 朗読

Read more about 谷崎 潤一郎 鍵 朗読.

9
10
11
12

Comments:
Guest
Forget the troubles that passed away, but remember the blessings that come each day.
Guest

Maybe the reason so many folks have their backs to the wall is that they have been putting up too much of a front.

Guest
The most difficult part of getting to the top of the ladder is getting through the crowd at the bottom.
Calendar
MoTuWeThFrStSu