谷崎 潤一郎 細雪 朗読

谷崎 潤一郎 細雪 朗読

谷崎 潤一郎 細雪 朗読



【谷崎潤一郎】『細雪』のあらすじ・内容解説・感想|朗読音声付き yuka 2020年3月2日 / 2020年6月30日 昭和11年秋~昭和16年春までの、大阪の没落旧家・蒔岡家の四姉妹の日常を描いた『細雪(ささめ …

 · 谷崎純一郎の小説「細雪」を朗読しました。 読めない漢字が多くて、大変お聴き辛いかと思います。 ごめんなさい。

Amazon.co.jp: 【復刻版】谷崎潤一郎の「細雪(上)」 (響林社文庫) eBook: 谷崎潤一郎, しみじみ朗読文庫: Kindleストア

『細雪』(ささめゆき)は、谷崎潤一郎の長編小説。1936年(昭和11年)秋から1941年(昭和16年)春までの大阪の旧家を舞台に、4姉妹の日常生活の悲喜こもごもを綴った作品 。 阪神間モダニズム時代の阪神間の生活文化を描いた作品としても知られ、全編の会話が船場言葉で書かれている。

細雪 上巻 谷崎潤一郎. ... へ参りましたのは、ただ漫然と、―――実は何です、その時分父親 [#「父親」は、『谷崎潤一郎全集 第十九巻』(中央公論新社2015年6月10日初版発行)と『谷崎潤一郎全集 第十五卷』(中央公論社1968年1月25 ...

谷崎潤一郎 作家 たにざきじゅんいちろう 文豪谷崎潤一郎は男と女の関係を描き続けた作家だ。 「刺青(しせい)」「春琴抄」「蓼食う虫」「細雪」「卍(まんじ)」「瘋癲(ふうてん)老人日記」「鍵」など50年以上に渡って話題作を発表し続けた。

『刺青』若い刺青師清吉は、麻酔で眠らせた無垢な少女の肌に女郎蜘蛛を彫り、長年の宿願を果そうとする。人間の倒錯的な心理をあざやかな文体で描いた代表的短編。『秘密』変装し街中を放浪するという秘かな楽しみを持つ“私”が、ある時

細雪 01 上巻. 谷崎 潤一郎 | 2016/8/25. 5つ星のうち4.1 17. Kindle版 (電子書籍) ¥0 ¥0 『谷崎潤一郎作品集・25作品⇒1冊』【さし絵113枚つき】 谷崎 ... 谷崎潤一郎 、 しみじみ朗読 文庫 | ...

谷崎潤一郎のプロフィール:(1886-1965)東京・日本橋生れ。東大国文科中退。在学中より創作を始め、同人雑誌「新思潮」(第二次)を創刊。同誌に発表した「刺青」などの作品が高く評価され作家に。当初は西欧的なスタイルを好んだが、関東大震災を機に関

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

谷崎 潤一郎 細雪 朗読 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 細雪 朗読

Read more about 谷崎 潤一郎 細雪 朗読.

7
8
9
10

Comments:
Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Guest

Elbow grease gives the best polish.

Guest
The people who are hardest to convince they're ready for retirement are children at bedtime.
Calendar
MoTuWeThFrStSu