谷崎 潤一郎 細雪 朗読

谷崎 潤一郎 細雪 朗読

谷崎 潤一郎 細雪 朗読



 · 谷崎潤一郎 作 寺田農 朗読 初出 「中央公論」1933年(昭和8年)6月 画像はまたもや拾い物です、すみません。

 · 作:谷崎潤一郎 朗読:佐藤慶 初出:「中央公論」1911年(明治44年)11月号

 · 谷崎純一郎の小説「細雪」を朗読しました。 読めない漢字が多くて、大変お聴き辛いかと思います。 ごめんなさい。

(要約) ・演奏会へ出かけようとする三姉妹と、後を慕い見送る悦子 ・雪子の悦子に対する愛情描写 ///// ★朗読の専門技能はなく、個人的に ...

 · 作:谷崎潤一郎 朗読:佐藤慶 初出:「新思潮」第3号 1910年(明治43年)11月

谷崎潤一郎 作家 たにざきじゅんいちろう 文豪谷崎潤一郎は男と女の関係を描き続けた作家だ。 「刺青(しせい)」「春琴抄」「蓼食う虫」「細雪」「卍(まんじ)」「瘋癲(ふうてん)老人日記」「鍵」など50年以上に渡って話題作を発表し続けた。

『細雪』(ささめゆき)は、谷崎潤一郎の長編小説。1936年(昭和11年)秋から1941年(昭和16年)春までの大阪の旧家を舞台に、4姉妹の日常生活の悲喜こもごもを綴った作品 。 阪神間モダニズム時代の阪神間の生活文化を描いた作品としても知られ、全編の会話が船場言葉で書かれている。

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

谷崎 潤一郎 細雪 朗読 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 細雪 朗読

Read more about 谷崎 潤一郎 細雪 朗読.

7
8
9
10

Comments:
Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Guest

Elbow grease gives the best polish.

Guest
The people who are hardest to convince they're ready for retirement are children at bedtime.
Calendar
MoTuWeThFrStSu