谷崎 潤一郎 秘密 青空

谷崎 潤一郎 秘密 青空

谷崎 潤一郎 秘密 青空



秘密 谷崎潤一郎. ... 賑かな世間から不意に 韜晦 ( とうかい ) して、行動を 唯 ( ただ ) 徒 ( いたず ) らに秘密 ... 青空文庫作成ファイル: ...

秘密: 作品名読み: ... その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫) 作家データ. 分類: 著者: 作家名: 谷崎 潤一郎:

谷崎 潤一郎: 作家名読み: たにざき じゅんいちろう: ローマ字表記: Tanizaki, Jun'ichiro: 生年: 1886-07-24: 没年: 1965-07-30: 人物について: 「谷崎潤一郎」 [

えあ草紙で読む青空文庫(無料) 著者:谷崎 潤一郎 作品名:秘密 底本:「刺青・秘密」 新潮文庫、新潮社 1969(昭和44)8月5日 初出:「中央公論」1911(明治44)年11月 文字遣い:新字新仮名

『秘密』(ひみつ)は、谷崎潤一郎の短編小説。普通の刺戟に飽いてしまった男が美しく女装して町に繰り出したり、再会した昔の女の秘密の住居に目隠しをしたままで赴いたりする物語。. 1911年(明治44年)11月、『中央公論』に掲載された 。 初収録は同年12月に籾山書店より刊行の『刺青』

谷崎潤一郎まとめページ. 谷崎潤一郎のその他の作品 谷崎潤一郎『刺青』 谷崎潤一郎『人面疽』 『母を恋うる記』 『美食倶楽部』 『白昼鬼語』 『富美子の足』 『魔術師』

 · 作:谷崎潤一郎 朗読:佐藤慶 初出:「中央公論」1911年(明治44年)11月号

 · 【ホンシェルジュ】 谷崎潤一郎は明治から昭和にかけて活躍した文豪。人々を虜にする妖艶な女性、その女性に翻弄される主人公という構図が多い彼の作品はちょっとアブノーマルな世界観が魅力的です。非日常の刺激を味わえる彼の、青空文庫で読めるおすすめ作品をご紹介します。

底本:「潤一郎ラビリンス ――初期短編集」中公文庫、中央公論社 1998(平成10)年5月18日初版発行 底本の親本:「谷崎潤一郎全集 第一巻」中央公論社 1981(昭和56)年5月25日 初出:「新思潮」 1910(明治43)年11月号

谷崎 潤一郎 秘密 青空 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 秘密 青空

Read more about 谷崎 潤一郎 秘密 青空.

8
9
10
11

Comments:
Guest
People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.
Guest

Maybe the reason so many folks have their backs to the wall is that they have been putting up too much of a front.

Guest
The best thing you can spend on your children is time.
Calendar
MoTuWeThFrStSu