谷崎 潤一郎 疎開 日記

谷崎 潤一郎 疎開 日記

谷崎 潤一郎 疎開 日記



谷崎潤一郎の疎開日記(その一) 谷崎潤一郎には断続的に日記をつける習慣があったが、そのうち昭和十九年一月一日から同二十年八月十五日までの分を、「疎開日記」と題して一篇にまとめている。

ここで谷崎潤一郎は岡山市に疎開していた永井荷風を終戦直前に招待します。谷崎潤一郎の「疎開日記」では、『「六月二十七日、雨後晴 勝山へ馬力一基頼み荷物を迭ることになり本日荷造りす。夜に入りおみきさん来る。

谷崎潤一郎には断続的に日記をつける習慣があったが、そのうち昭和十九年一月一日から同二十年八月十五日までの分を、「疎開日記」と題して一篇にまとめている。戦争末期から終戦当日までの約一年半をカバーしている。

作州疎開時代の谷崎潤一郎 en 岡山県津山市小田中八子の愛山廟門脇に、 「疎開日記より/谷 綺潤一郎」として本文十二行からなる碑文があり、-l) 「疎開日記」 昭和二十年五月十五日の一節が次のように刻まれている。 池におつる雨の音佗し。

谷崎の方は荷風程ひどい目にはあわなかったが、やはり難を避けて関西以西に疎開先を求め、岡山県の津山、次いで勝山に疎開した。谷崎は荷風が自分の近くに疎開していることを知って、六月二十六日の日記に次のように記している。

谷崎潤一郎全集. 第二十巻. 谷崎潤一郎 著. 波乱に富んだ蒔岡家の麗しき四姉妹の物語も、雪子の婚約で大団円をむかえる(『細雪』下巻)。ほかに京都で暮らした日々を描いた「月と狂言師」、終戦日記である「疎開日記」のほか、雑纂を収める。

谷崎潤一郎の疎開日記(その二) 続壺齋閑話 ( 2013年8月15日 18:15 ) | コメント(0) 二つ目の着目点である戦時下の谷崎の創作活動と言う点では、この日記が触れているのはもっぱら「細雪」である。

現在は、谷崎潤一郎の「疎開日記」(『月と狂言師』中公文庫収録)をつらつらと呼んでいる。 先頃、関西への恋しさから『 細雪 』を読み、それが書かれた時期の、作家の生活を知りたくなったという理由も …

谷崎潤一郎・疎開の地 詳細 谷崎潤一郎(写真は疎開先の風景) 生没年 :1886年~1965年 職業 :作家 ゆかり :疎開の地 スポット :疎開先の住宅 谷崎潤一郎と岡山 作家として著名な 谷崎潤一郎 は、代表作の一つである『 細雪 』の一部を、岡山に住んでい ...

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

谷崎 潤一郎 疎開 日記 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 疎開 日記

Read more about 谷崎 潤一郎 疎開 日記.

7
8
9
10

Comments:
Guest
You make more friends by being interested in them than by trying to get them interested in you.
Guest

Make tomorrow another day and not today's sequel.

Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Calendar
MoTuWeThFrStSu