谷崎 潤一郎 家

谷崎 潤一郎 家

谷崎 潤一郎 家



倚松庵(いしょうあん)は、兵庫県神戸市東灘区に建つ歴史的建造物。文豪谷崎潤一郎の旧居。ここで執筆された代表作にちなんで「『細雪』の家」とも呼ばれる。庵号は夫人の名前「松子」に因む。 1929年(昭和4年)に当時の武庫郡住吉村反高林1876-203に建てられた和風木造建築で、谷崎潤一郎は1936年11月から1943年11月まで居住した。

なお、谷崎が居住した時期の家主は極東選手権競技大会サッカー日本代表の後藤靱雄であった。

なお、谷崎が居住した時期の家主は極東選手権競技大会サッカー日本代表の後藤靱雄であった。

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

『細雪』の家へようこそ。 谷崎潤一郎はこの家に昭和11年11月から18年11月まで住みました。 ここで過ごした夫人・松子とその妹たちや娘との出来事を等身大で書いたのが『細雪』なのです。

谷崎潤一郎の元妻の再婚相手でしたが、 谷崎潤一郎と佐藤春夫の家系図は、 このようなところでも つながりがあるのですね。 谷崎潤一郎の家族の家系図. ここで 谷崎潤一郎の妻や子供ら家族について、 家系図 で整理しておきます。 谷崎潤一郎

 · 結婚歴3回、引っ越し歴は約40回。小説だけでなくその私生活も華やかだった文豪・谷崎潤一郎の旧邸が、兵庫県芦屋市に残されています。「細雪」のモデルとなった「倚松庵(いしょうあん)」は三番目の妻・松子夫人と暮らしていた当時のものです。

谷崎 潤一郎 家 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 家

Read more about 谷崎 潤一郎 家.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Forgiveness is like sunshine after a rainy day.
Guest

Better to be square than to move in wrong circles.

Guest
A good rule to follow is to do unto others as though you were the others
Calendar
MoTuWeThFrStSu