谷崎 潤一郎 仏教

谷崎 潤一郎 仏教

谷崎 潤一郎 仏教



谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。 初期は耽美主義の一派とされ、過剰なほどの女性愛やマゾヒズムなどのスキャンダラスな文脈で語られることが少なくないが、その作風や題材、文体・表現は生涯にわたって様々に変遷した。漢語や雅語から俗語や方言までを使いこなす端麗な文章と、作品ごとにがらりと変わる巧みな語り口が特徴。『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、情痴や時代風俗などのテーマを扱う通俗性と、文体や形式における芸術性を高いレベルで融和させた純文学の秀作によって世評高く、「文豪」「大谷崎(おおたにざき)」と称された。その一方、今日のミステリー・サスペンスの先駆的作品、活劇的な歴史小説、口伝・説話調の幻想譚、果てはグロテスクなブラックユーモアなど、娯楽的なジャンルにおいても多く佳作を残している。

谷崎倉五郎、関の次男として

谷崎倉五郎、関の次男として

文豪・谷崎潤一郎(1886~1965)が代表作のひとつ「少将滋幹の母」を執筆するにあたって仏教の教えを乞うなどした天台宗京都五箇室門跡の1つ ...

文豪・谷崎潤一郎(1886~1965)が代表作のひとつ「少将滋幹の母」を執筆するにあたって仏教の教えを乞うなどした天台宗京都五箇室門跡の1つ ...

 · 答えの(6)『卍』(谷崎潤一郎)は仏教用語であるため、直訳が難しい。(4)『Naoko』は(7)『秘密』(東野圭吾)。直訳の「The Secret」ではインパクト ...

闇 ( やみ ) に紛れて私は帯の間から半紙と鉛筆を取出し、こんな走り書きをしたものをひそかに女の 袂 ( たもと ) へ投げ込んだ、そうして、又じッと先方の様子を窺っていた。 十一時頃、活動写真の終るまでは女は静かに見物していた。観客が総立ちになってどやどやと場外へ崩れ出す ...

七五 谷崎潤一郎『私』論(名木橋) れる。結果、罪や悪の問題の激しい追及をそのままぶつつけたやうなこれ等の激しい作品が書かれた点もあつたと思はれた作家谷崎潤一郎は、さういふ時代風潮と対立し、自分の持つ人間観を抽象的思考方法で理論化し純粋化した社会主義の台頭。

「iPhone」や「iPad」の生みの親であるスティーブ・ジョブズさんは仏教に関心を持っていたという記事を読んで、そうだろうなと勝手に思った。彼が何をどのようにしてコンピュータを作り上げたのか全く知らないし、そもそもそれらの操作もできない。2歳5ヶ月になる孫娘は「iPad」を操作して ...

谷崎潤一郎氏のそこそこ短い小説「蘆刈」のあらすじと簡単な感想を述べる。 あらすじ. そもそも洒落た題名の意味が現代人にはよくわからないであろう;話の中で主人公が蘆のたくさん生えた川の中の洲に佇んで月を眺めるのであるが、そこで玄妙な中年男性と出くわすのである。

谷崎 潤一郎 仏教 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 仏教

Read more about 谷崎 潤一郎 仏教.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
No man who has caught a big fish goes home through an alley.
Guest

You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.

Guest
Drivers' licenses do not revoke walking privileges.
Calendar
MoTuWeThFrStSu