英雄の書 宮部みゆき wiki

英雄の書 宮部みゆき wiki

英雄の書 宮部みゆき wiki



英雄の書; 著者: 宮部みゆき: 発行日: 2009年2月: 発行元: 毎日新聞社: 国: 日本: 言語: 日本語: コード: 上 isbn 978-4-620-10733-2 下 isbn 978-4-620-10734-9 [ ウィキデータ項目を編集]

宮部 みゆき(みやべ みゆき、1960年12月23日 -)は、日本の小説家。東京都 江東区生まれ。日本推理作家協会会員 。日本SF作家クラブ会員。雑誌幻影城ファンクラブ「怪の会」元会員 。

『英雄の書』(えいゆうのしょ)とは、宮部みゆきのファンタジー小説である。 毎日新聞 夕刊の連載小説であった。 この項目は、 文学 に関連した 書きかけの項目 です。

宮部みゆきのファンタジー『英雄の書』 人気作家の最新作は物語をめぐるファンタジー。“英雄”に魅入られて、同級生を殺傷してしまった兄。少女は、本の助けを借りて、消えた兄を探す。

法律事務所等に勤務の後、87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。 1992年 「龍は眠る」で第45回日本推理作家協会賞長編部門、 同年「本所深川ふしぎ草紙」で第13回吉川英治文学新人賞。

英雄の書 宮部みゆき wiki ⭐ LINK ✅ 英雄の書 宮部みゆき wiki

Read more about 英雄の書 宮部みゆき wiki.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Talk is cheap, until you talk to a lawyer.
Guest

If at first you do succeed, hide your astonishment.

Guest
There are many ways of going forward, but there is only one way of standing still.
Calendar
MoTuWeThFrStSu