芥川 龍之介 鼻 研究

芥川 龍之介 鼻 研究

芥川 龍之介 鼻 研究



メタデータをダウンロード RIS形式 (EndNote、Reference Manager、ProCite、RefWorksとの互換性あり)

芥川龍之介「鼻」論 「鼻」の題材として、『今昔物語集』巻第二八第二 「池尾禅 たゴーゴリの「鼻」などが指摘されているが、それらには芥川の珍内供鼻語」、『宇治拾遺物語』巻第二(七)「鼻長き僧の事」、ま リーを追いながら、検証を試みてみたい。

芥川龍之介「鼻」解釈論ノート ブレーデン バーナビー Comparatio (5), 60-70, 2001-03-20

「鼻」(はな)は、芥川龍之介による初期の短編小説(掌編小説)。1916年に『新思潮』の創刊号で発表された。『今昔物語集』の「池尾禅珍内供鼻語」および『宇治拾遺物語』の「鼻長き僧の事」を題材としている。

芥川龍之介「鼻」解釈論ノート バーナビー・プレーデン 所は今昔(宇治拾遺にもある)である、しかしこの小説の中にある事実治拾遺物語』巻二『鼻長き僧の事』である四。「鼻」初出本文の末尾に「出 話の原典は『今昔物語集』巻廿八『池尾禅智内供善導第二十』及び『宇言う程の自信作で ...

版された芥川龍之介の代表格である「羅生門」と「鼻」の中訳が収録さ れる書籍は、それぞれ32種類と27種類1に達している。 しかし、厖大な翻訳が存在する一方で、中国における芥川研究の学術 専門書は一冊しかない2。また芥川文学の中国語訳の研究に ...

芥川 龍之介 鼻 研究 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 鼻 研究

Read more about 芥川 龍之介 鼻 研究.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
The easiest way to have your family tree traced is to run for public office.
Guest

The most important ability is availability.

Guest
Joy is not in what we own...it's in what we are.
Calendar
MoTuWeThFrStSu