芥川 龍之介 鼻 研究

芥川 龍之介 鼻 研究

芥川 龍之介 鼻 研究



芥川龍之介「鼻」論 「鼻」の題材として、『今昔物語集』巻第二八第二 「池尾禅 たゴーゴリの「鼻」などが指摘されているが、それらには芥川の珍内供鼻語」、『宇治拾遺物語』巻第二(七)「鼻長き僧の事」、ま リーを追いながら、検証を試みてみたい。

本論文は、芥川龍之介の前期作品研究を通じて、近代文学の可能性を問い直す試みである。芥川龍之介の作品はしばしば日本の近代文学の典型と目され、また同時に近代文学の典型から外れた浅薄な作品とも評される、両義的な存在である。

「鼻」(はな)は、芥川龍之介による初期の短編小説(掌編小説)。1916年に『新思潮』の創刊号で発表された。 『今昔物語』の「池尾禅珍内供鼻語」および『宇治拾遺物語』の「鼻長き僧の事」を題材としている。 「人の幸福をねたみ、不幸を笑う」と言う人間の心理を捉えた作品。

芥川龍之介に生育の地「本所両国」前篇: 松島茂: 第一〇回 大会報告記(日本 東洋学園大学) 第一日目報告: 宮崎尚子: 第二日目報告: 早澤正人: 第三日目報告: 小谷瑛輔 支部報告・2015年度 : 中国支部報告 芥川龍之介翻訳と研究の新刊書 : 秦剛 : 韓国支部報告

芥川龍之介研究 : 中国文学との関わりを中心に 著者 単援朝 [著] 出版年月日 1992 請求記号 UT51-93-V429 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 000000266201 DOI 10.11501/3072001 公開範囲 インターネット公開(許諾) 詳細表示 資料種別 (materialType) Book

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

芥川龍之介の「 鼻 」の探求授業をするということで、 入試広報室の 紫垣先生 が、作ってくださいました。 ありがとうございます! その後、 中牧先生 が 「 花 」を持ってきてくださいました。

芥川龍之介の代表作『 鼻 』は誰の「鼻」のことかご存知ですか? 『鼻』とは、大きな鼻をもった、禅智内供というお坊さんが、その大きな鼻をコンプレックスに思っているお話です。

芥川 龍之介 鼻 研究 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 鼻 研究

Read more about 芥川 龍之介 鼻 研究.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
The easiest way to have your family tree traced is to run for public office.
Guest

The most important ability is availability.

Guest
Joy is not in what we own...it's in what we are.
Calendar
MoTuWeThFrStSu