芥川 龍之介 蜃気楼

芥川 龍之介 蜃気楼

芥川 龍之介 蜃気楼



「蜃気楼」(しんきろう)は、芥川龍之介の短編小説。初出は『婦人公論』1927年3月号。芥川が自殺する半年前に書かれた作品で、当時芥川をはじめとした文学者たちが逗留することで知られた 湘南の鵠沼を舞台とし、主人公の「僕」が「芋粥」という短編を書いているなど私小説的な雰囲気が色濃い。また志賀直哉の『焚火』の影響を受けているという指摘が複数ある 。 副題は「或は『続海のほとり』」。『海のほとり』は1925年の芥川の短編で、やはり「僕」が友人と海辺をふらつくという物語である。 この晩年の掌編はごく短いものであるが「歯車」などに劣らぬ数の評論が書かれており、三島由紀夫もこの作品を「不思議と」好む人間の多いことを記している 。

「僕」は友人たちとともに蜃気楼を眺めに鵠沼の海岸に出かける。しかし期待していた

「僕」は友人たちとともに蜃気楼を眺めに鵠沼の海岸に出かける。しかし期待していた

或秋の 午頃 ( ひるごろ ) 、僕は東京から遊びに来た大学生のK君と一しょに 蜃気楼 ( しんきろう ) を見に出かけて行った。 鵠沼 ( くげぬま ) の海岸に蜃気楼の見えることは 誰 ( たれ ) でももう知っているであろう。 現に僕の 家 ( うち ) の女中などは逆まに舟の映ったのを見 ...

『蜃気楼』は、1927年3月に雑誌『婦人公論』で発表された芥川龍之介の短編小説です。鵠沼海岸を舞台に、神経衰弱の「僕」が蜃気楼を見る過程で不吉なものと出会う様子が描かれています。

芥川龍之介「蜃気楼」 國末 泰平 園田国文 13, 63-71, 1992-03-15

芥川 竜之介『蜃気楼 (Kindle)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約20件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

『蜃気楼』には ――或は「続海のほとり」――という副題がついている。正篇の『海のほとり』は1925(大正14)年8月7日に脱稿した作品で、『中央公論』9月号に発表され、『芥川龍之介全集』には収められており、青空文庫などで読むことができる。

芥川龍之介における<私小説> : 「蜃気楼」について 神田 由美子 東洋女子短期大学紀要 = The Toyo review (20), 1-15, 1988-03-15

芥川龍之介もその一人、龍之介の妻の実家がここ鵠沼。この小説「蜃気楼」に出てくる東屋は鵠沼海岸の商店街の奥に入ったところに東屋旅館跡地記念碑がある。鵠沼海岸は、現在では近代的なビーチとして賑わっている。

河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)/芥川 龍之介 本作品は6の短編からなり、そのうちの1つが以下の「蜃気楼」である。 ¥380 Amazon.co.jp 1.あ…

芥川 龍之介 蜃気楼 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 蜃気楼

Read more about 芥川 龍之介 蜃気楼.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Always hold your head up, but keep your nose at a friendly level.
Guest

Peace of mind is not the absence of conflict from life, but the ability to cope with it.

Guest
The most important ability is availability.
Calendar
MoTuWeThFrStSu