芥川 龍之介 竜

芥川 龍之介 竜

芥川 龍之介 竜



底本:「芥川龍之介全集3」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年12月1日第1刷発行 1996(平成8)年4月1日第8刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。

龍が昇るはなし:――芥川龍之介「龍」の典拠と〈物語〉構造―― 五島 慶一 日本文学 62(6), 11-22, 2013

芥川龍之介「竜」は、『宇治拾遺物語』巻第十一「六 蔵人得業猿澤池ノ龍ノ事」から材をとった短編である。 宇治の大納言隆国の前で、「奈良に蔵人得業恵印と申しまして、途方もなく鼻の大きい法師が一人おりました」と、陶器造の翁は今は昔の物語を語り始める。

竜 (芥川龍之介) 最終更新: athroniaeth 2012年06月24日(日) 12:38:27 履歴. Tweet * 著者:芥川 龍之介(アクタガワ リュウノスケ)

地獄変・偸盗 (新潮文庫)/芥川 龍之介本冊は6つの短編からなり、そのうちの1つが以下の「竜」である。¥380Amazon.co.jp1.あらすじとある陶器造…

筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻: 1971(昭和46)年6月5日: 正岡子規: 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻: 1971(昭和46)年6月5日 「仮面」の人々: 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻: 1971(昭和46)年6月5日: 案頭の書: 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻

芥川 竜之介: 作家名読み: あくたがわ りゅうのすけ: ローマ字表記: Akutagawa, Ryunosuke: 生年: 1892-03-01: 没年: 1927-07-24: 人物について: 東大在学中に同人雑誌「新思潮」に発表した「鼻」を漱石が激賞し、文壇で活躍するようになる。

芥川龍之介の『舞踏会』をご紹介します。初出は1920年(大正9年)の雑誌『新潮』1月号上となります。鹿鳴館を舞台にした、小さな恋のお話で、淡く切なく、そしてちょっと儚い物語です。

あらすじで読む!芥川龍之介集 . 芥川龍之介は、主に短編小説を書き、多くの傑作を残しました。 こちらは、あの気になる作品をあらすじでまとめ、 30作品の内容が簡単に把握できる、「あらすじで読む!芥川龍之介集」です。

芥川 龍之介 竜 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 竜

Read more about 芥川 龍之介 竜.

4
5
6
7

Comments:
Guest
Maybe the reason so many folks have their backs to the wall is that they have been putting up too much of a front.
Guest

Pick your friends, but not to pieces.

Guest
There is only one pretty child in the world, and every mother has it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu