芥川 龍之介 神 神 の 微笑

芥川 龍之介 神 神 の 微笑

芥川 龍之介 神 神 の 微笑



『神神の微笑』(かみがみのびしょう)は、芥川龍之介の小説。1922年(大正11年)に『新小説』にて発表された。芥川の小説のジャンル「切支丹物」のひとつ。宣教師・オルガンティーノが、記紀神話の神から、「外国から伝来した文化を元に、独自の文化を作り上げる」日本人の特性を学ぶというストーリー。いわば「日本人論」をモチーフにした作品である。

神神の微笑 芥川龍之介 ... 私はその船乗と、月夜の岩の上に坐りながら、いろいろの話を聞いて来ました。目一つの神 ... 底本:「芥川龍之介全集4」ちくま文庫、筑摩書房 1987(昭和62)年1月27日第1刷発行 ...

芥川龍之介「神神の微笑」 早稻田大學文學部專任講師 岡田 俊之輔 時は安土桃山時代、布教の爲に來日したイエズス會の宣教師オルガンテイノ神父は、「どうかすると、憂鬱の底に沈」み、一日も早く「この國を去りたいと思ふ事がある」。

神神の微笑ー芥川龍之介 ... 神が出現したので賑やかにしているのだというのです。これに対し天照は自分の力を他の神たちに見せつけ、再び自分の力が絶対であることを示しました。 ...

コチラのブログ↓で、芥川龍之介の短編小説、『神神の微笑』を紹介されていて、日本人として嬉しくなり、読んでみました。『不思議な国・日本』こんにちは、ニッキーです…

 · 『神神の微笑/芥川龍之介』の狐人的な【読書メモと感想】。昔のキリスト教宣教師が感じた日本の言い知れぬ力。それは外国から伝わってくる文化を日本独自のものに造り変える力!マンガ、アニメ、ゲーム…日本は凄い国だと改めて思った。

芥川龍之介の「神神の微笑」を読みました。その感想としては、芥川龍之介のキリスト教に対する認識がキリスト教の本質から大分、離れているように感じます。 皆さんはどのように思われますか? 私も芥川龍之介の …

吉田精一 『芥川龍之介』三省堂 1942年12月 笠井秋生 「芥川龍之介の切支丹物」山梨英和女学院大学『日本文芸論集』1 1968年3月 遠藤周作 「『神々の微笑』の意味」『日本近代文学大系』角川書店 …

即ち、 「芥川龍之介の短編小説に『神神の微笑』と云う作品がある。戦国時代に日本にやっ てきたイエズス会士オルガンティノ神父(実在の人物)と日本の神が問答すると云う趣 向の、勿論フィクションである。 オルガンティノは次のように言う。

芥川 龍之介 神 神 の 微笑 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 神 神 の 微笑

Read more about 芥川 龍之介 神 神 の 微笑.

4
5
6
7

Comments:
Guest
Time is not an enemy unless you try to kill it.
Guest

No brook is too little to seek the sea.

Guest
Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.
Calendar
MoTuWeThFrStSu