芥川 龍之介 歯車 分析

芥川 龍之介 歯車 分析

芥川 龍之介 歯車 分析



「歯車」は1927年(昭和2年)発表の芥川龍之介の短編です。 川端康成や堀辰雄ら名だたる作家が「傑作だ!」と称賛しました。しかし、普通に読むと普通に意味不明です。話らしい話のない、暗く欝々とした、死のイメージに満ちています。

1927年7月芥川は35歳で自殺をする。『歯車』はその直前に書かれた作品で、作家の最後の危機的な精神状態を生々しく伝えている。「僕は芸術的良心を始め、どう云う良心も持っていない。僕の持っているのは神経だけである」。同様の言葉は『侏儒の言葉』にも出てくるが、この露出する神経 ...

芥川龍之介の「歯車」を読んだ。 昔一度読んだことがあったけど、今より輪をかけてアホで人生経験の浅かった学生の自分は 「病気の人の話だなあ」ぐらいしか思わなかった記憶がある。

『歯車』は芥川龍之介の最晩年の作品であり、その死後発表された。 彼が死の前の強迫観念と自殺に向かう心の動きが不気味な心象風景によって表現されている。作品は6章からなる私小説形式の短編である。 今回からこの作品を章ごと、6回に分けて感想などを述べていく。

芥川龍之介の歯車がよくわかりません。なぜ主人公、まあ筆者ですが、あんなにも病んでいるのですか?なぜ自殺にまで至ってしまったのでしょうか? 考察をお願いします。 読むと「僕をねらう復讐の神」とか、「誰かの...

従って、芥川文学の構造について知りたい者は、後期作品、特に遺稿である「歯車」などを読み、龍之介の最期の言葉にただ謙虚に耳を傾ければよいのだと思います。改めて構造分析を試みることによって新しい知見が得られる可能性は全くないでしょう。

『歯車』芥川龍之介(岩波文庫) 私事ではありますが、本ブログの第一回に芥川の『河童』と『歯車』を取り上げました。 しかしその時は、一冊の本という単位の取り上げ方ではなく、一作品(あるいは二作品)という単位の取り上げ方でありました。

 · 芥川龍之介の「歯車」という本を読んだのですが、著者が言いたかったこと、この作品の見どころ等がわかりませんでした。いったい芥川は何が言いたかったんでしょう? 私はこの小説最初読んだとき、怖いというか...

『河童』の作者は芥川龍之介です。 芥川の後期の作品で、『歯車』や『或る阿呆の一生』などと並び、晩年の代表作の一つとして名高い作品です。 神経衰弱に陥っていた芥川龍之介の心理状態が色濃く反映されており、芥川龍之介の命日、まあ自殺した日ですね、それは7月24日なんですが ...

芥川龍之介の初期作品では、語り手が可視化され、中心となる話題が語り手によって反復され、作品の完結性が強調される。 しかし、作品で中心化される問題は明らかに示されるにもかかわらず、答を決定し難いというのもこれらの作品の大きな特徴である。

芥川 龍之介 歯車 分析 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 歯車 分析

Read more about 芥川 龍之介 歯車 分析.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
The smallest deed is better than the greatest intention.
Guest

The virtues of being punctual are largely offset by having to wait for people who aren't.

Guest
An optimist is a person who sticks on the stamp before addressing the envelope.
Calendar
MoTuWeThFrStSu