芥川 龍之介 堀 辰雄

芥川 龍之介 堀 辰雄

芥川 龍之介 堀 辰雄



底本:「堀辰雄作品集第五卷」筑摩書房 1982(昭和57)年9月30日初版第1刷発行 初出:「堀辰雄全集 第五巻」新潮社 1955(昭和30)年3月10日 ※底本のテキストは、1929(昭和4)年3月提出の、東京帝国大学文学部国文学科卒業論文によっています。

堀 辰雄(ほり たつお、1904年(明治37年)12月28日 - 1953年(昭和28年)5月28日)は、日本の小説家 。

底本:「堀辰雄作品集第五卷」筑摩書房 ... 初出:「帝国大学新聞」 1932(昭和7)年9月26日 ※初出時の表題は「芥川龍之介の書翰に就いて」、その後の刊本においては独自の表題は附せられてないが底本では新潮社元版全集にならって仮題を附した。 ...

お問い合わせ先: 学術情報企画主担当 TEL: 082-424-6228 FAX: 082-424-6211 E-Mail: [email protected]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 堀辰雄の用語解説 - [生]1904.12.28. 東京[没]1953.5.28. 長野,追分小説家。第一高等学校を経て 1929年東京大学国文学科卒業。 23年室生犀星を通じて芥川龍之介を知り深い影響を受け,芥川の自殺の衝撃を卒業論文『芥川龍之介論』 (1929) および『聖家族』 (30) ...

 · ネット検索で暇つぶし中、たまたま〈堀辰雄「芥川龍之介論-芸術家としての彼を論ず-」〉に出くわし、師に巡り合う僥倖は懊悩のさなかのことと知った。ステイ・ホームの賜物というべきか。堀辰雄が、室生犀星に紹介されて芥川龍之介の知遇を得たのは、関東大震災で母を喪い大きな衝撃 ...

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。

堀辰雄の絶賛する如く、確かに『六の宮の姫君』はプロットが明快で読み易くもありながら、芥川作品に通底する悲哀、寂寥が明瞭に描出されている秀作であるが、『奇怪な再会』を私はそれ以上に面白く覚える。 論文では支那国と大日本帝国との関係性を ...

芥川 龍之介 堀 辰雄 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 堀 辰雄

Read more about 芥川 龍之介 堀 辰雄.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
School is a building that has four walls--with tomorrow inside.
Guest

People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.

Guest
The easiest way to have your family tree traced is to run for public office.
Calendar
MoTuWeThFrStSu