芥川 龍之介 一生

芥川 龍之介 一生

芥川 龍之介 一生



 · 芥川龍之介没後90年。その生涯に迫る。 1927年7月、日本を代表する文豪のひとりである芥川龍之介がこの世を去りました。『羅生門』や『鼻』などをはじめとする数々の作品を発表した芥川の素顔とはどのようなものだったのでしょうか。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。

芥川龍之介 僕はこの原稿を発表する可否は勿論、発表する時や機関も君に一任したいと思つてゐる。 君はこの原稿の中に出て来る大抵の人物を知つてゐるだらう。

龍之介が十二歳のとき、正式に『芥川龍之介』となりました。新原家には、得二(とくじ)という男の子が生まれていました。得二は、龍之介とお父さんは一緒ですが、お母さんは別の人で、新原家に手伝いに来ていたフユという女性でした。

『或阿呆の一生』は、死後に発表された芥川龍之介の遺作です。自伝的な内容で、二十歳の頃の回想から、死の直前までの印象風景が描かれています。 ここでは内容をざっと紹介し、細かい点を解説していきます。

生きる意味が分からず、無意味な一生だと痛感した芥川は、深い苦悩を味わった。 昭和2年、義兄が自殺し、龍之介は、あるじを失った姉一家を加えて20人の生活を支えねばならなくなった。

芥川龍之介『或阿呆の一生』研究 : 史実との比較を中心に 兼定 明日美 富大比較文学 8, 30-52, 2015

『歯車』(はぐるま) は、芥川龍之介の小説。『玄鶴山房』、『蜃気楼』、『河童』、『或阿呆の一生』と並ぶ晩年の代表作である。この時期の作品には自身の心象風景を小説にしたものが多いが、この作品もその一つと言える。執筆期間は1927年3月23日から4月7日までとされる。「話」らしい「話」はなく、芥川を自殺に追い詰めたさまざまな不気味な幻視、関連妄想が描かれている。 芥川は1927年(昭和2年)服毒自殺を図るが、生前に第一章が雑誌「大調和」に発表 …

芥川 龍之介 一生 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 一生

Read more about 芥川 龍之介 一生.

10
11
12

Comments:
Guest
No person ever advanced by traveling in reverse.
Guest

An obstacle may be either a stepping stone or a stumbling block.

Guest
Nature is the art of God.
Calendar
MoTuWeThFrStSu