芥川 龍之介 ハンケチ 文庫

芥川 龍之介 ハンケチ 文庫

芥川 龍之介 ハンケチ 文庫



底本:「現代日本文学大系 43 芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:柳沢成雄 1998年9月14日公開 2004年3月16日修正 青空文庫作成ファイル:

『手巾』(ハンケチ)は、芥川龍之介の短編小説。1916年10月の『中央公論』にて発表された。

芥川龍之介の処女作は、1914年、大正3年に東京帝国大学の文芸誌であった「新思潮」誌上に発表した『老年』です。ちなみに「新思潮」創刊号で『羅生門』を発表してます。 ゴイチドク2016.03.07芥川龍 …

東京帝国法科大学教授、長谷川謹造先生は、ヴエランダの籐椅子(とういす)に腰をかけて、ストリントベルクの作劇術(ドラマトウルギイ)を読んでゐた。 先生の専門は、植民政策の研究である。従つて …

芥川龍之介の手巾(ハンケチ)はどういう作品ですか?先日の相棒16のタイトルでした。 青空文庫でよめる短い本です。新渡戸稲造がモデルと言われてる大学教授が息子をなくした女性の元をたずねます。教授は女性と話していて、息子が死んだのに全然悲しんでねーなと思いますが、じつは ...

 · 鈴林です!今週の相棒も面白かった~~!最高~このために生きてる~~~(*´ `*)手巾って書いて「ハンケチ」って読むんだ~って思ったけど、芥川龍之介の小説から来ているのか。私はもちろん読んで無くて知りませんでしたw青空文庫とかで読めるかしら

太宰治と共に有名で夏目漱石を師匠に持つ日本の天才小説家・芥川龍之介。「羅生門」「蜘蛛の糸」「蜜柑」「遺書」「母」などの名作、名言のたくさん詰まった魅力的な長編、芥川作品の特徴が全面に出た短編、青空文庫で読めるものなど、沢山あって迷いますよね。

芥川 竜之介『手巾 (Kindle)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約25件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

お問い合わせ先: 学術情報企画主担当 TEL: 082-424-6228 FAX: 082-424-6211 E-Mail: [email protected]

芥川龍之介は身長が172センチで決して小さい方ではなかったので、自分のことを謙遜して「知識がない」としたのかもしれません。 「侏儒の言葉」は短い文章を集めた箴言集、「西方の人」はキリストの人生に芥川自身の一生をなぞらえたエッセイです。

芥川 龍之介 ハンケチ 文庫 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 ハンケチ 文庫

Read more about 芥川 龍之介 ハンケチ 文庫.

7
8
9
10

Comments:
Guest
The smallest deed is better than the greatest intention.
Guest

The road to success is dotted with many tempting parking places.

Guest
Do all you can and trust God to do what you cannot.
Calendar
MoTuWeThFrStSu