舞踏 会 芥川 龍之介 あらすじ 現代 文

舞踏 会 芥川 龍之介 あらすじ 現代 文

舞踏 会 芥川 龍之介 あらすじ 現代 文



『舞踏会』は 芥川龍之介 の中期を代表する名品の一つで、この作品を好む作家も多い。

芥川龍之介の『舞踏会』をご紹介します。初出は1920年(大正9年)の雑誌『新潮』1月号上となります。鹿鳴館を舞台にした、小さな恋のお話で、淡く切なく、そしてちょっと儚い物語です。

『舞踏会/芥川龍之介』の狐人的な【読書メモと感想】。文明開化の頃、舞踏会を訪れた少女と、フランス人将校の淡い恋物語。華やかな場面が見え、軽やかな音楽が聞こえる、芥川中期を代表する名品。失われていくものと変えていくべきもの…

当時十七歳だつた――家(け)の令嬢明子(あきこ)は、頭の禿げた父親と一しよに、今夜の舞踏会が催さるべき鹿鳴館(ろくめいくあん)の階段を上つて行つた。

ある文明開化のまなざし 芥川龍之介『舞踏会』とピエール・ロティ れて初めての舞踏会に父親と出かける。舞台は鹿鳴館である。人々は明子の美しさに見とれる。 菊の花が咲き乱れた舞踏室で彼女は見知らぬフランスの海軍将校に踊りを申し込まれる。

明日はちょうど一月に一度あるお君さんの休日(やすみび)だから、午後六時に小川町(おがわまち)の電車停留場で落合って、それから芝浦(しばうら)にかかっている伊太利人(イタリイじん)のサアカスを見に行こうと云うのである。

【芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)、号は澄江堂主人、俳号は我鬼】 芥川龍之介は明治25年3月1日東京市京橋区入船町一番地(現在の中央区明石町10-11)で父新原敬三、母フクの長男として生まれ …

縁談がまだ本格的に進んでいないことを知った彼は 弥生へプロポーズしようと思い立ちますが、弥生が芥川家と折り合いの悪い新原家と親しい家の娘であること、吉田家が芥川家よりも身分の面で劣っていたことなどを理由に芥川家の人々から激しい反対を受けます。

芥川龍之介『鼻』の簡単なあらすじと読書感想文の見本です。感想文は1649字ほど書きました。高校生や中学生の方は、この感想文の例を参考にして書き方を工夫してみてください。なお、著作権フリーなのでコピーもパクリも問題ありません。コピペも丸写しもokです。

舞踏 会 芥川 龍之介 あらすじ 現代 文 ⭐ LINK ✅ 舞踏 会 芥川 龍之介 あらすじ 現代 文

Read more about 舞踏 会 芥川 龍之介 あらすじ 現代 文.

10
11
12

Comments:
Guest
A dog is the only thing on this earth that loves you more than he loves himself.
Guest

Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.

Guest
People who fight fire with fire usually end up with ashes.
Calendar
MoTuWeThFrStSu