紫式部 歌集

紫式部 歌集

紫式部 歌集



紫式部(むらさきしきぶ)は、平安時代中期の作家・歌人、女房(女官)。 作家としては、日本文学史を代表する一人。 正確な誕生年は特定できないが、近年の研究では、天禄元年(970年)から天元元年(978年)の間に生まれ、寛仁3年(1019年)までは存命したとされる 。

『紫式部集』(むらさきしきぶしゅう)は、紫式部の和歌集。掲載された和歌の分析を通じて、紫式部の思想的背景、彼女が人生で感じていた不条理、虚無感といった生涯にわたる心理的変化を汲み取ることができる 。大きく二層に分かれ、前半生は人生に肯定感が強く明るい作品が多いが、後半生は否定的で荒涼とした作風が目立つ 。

『紫式部集』の詞書は新古今集にほぼ同じで「早うより、童友だちなしり人に、年ごろ経て行きあひたるが、ほのかにて、七月十日のほど、月にきほひて帰りにければ」。 【他出】紫式部集、定家八代抄、百人一首、女房三十六人歌合 【主な派生歌】

紫式部の歌集『紫式部集』には、筑紫の肥前へ下った女友達との贈答歌が数首、掲載されています。 紫式部は父が越前守(えちぜんのかみ)になったことにともない、短い間ではありますが京から離れて越前国(えちぜんのくに=現在の福井県北部)で過ごしたことがあります。

Amazonで紫式部, 利達, 山本の紫式部日記 紫式部集 新潮日本古典集成 第35回。アマゾンならポイント還元本が多数。紫式部, 利達, 山本作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また紫式部日記 紫式部集 新潮日本古典集成 第35回もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

紫式部集に対する研究の多くは、歌人としての彼女を評価するためではなく、源氏物語の作者としての式部の伝記的事実を推測するために行われているようだ。 では、紫式部集は、歌集そのものとして全く読む価値が無いものなのか。 そうも言えないと思う。

紫式部 歌集 ⭐ LINK ✅ 紫式部 歌集

Read more about 紫式部 歌集.

10
11
12

Comments:
Guest
One today is worth two tomorrows.
Guest

Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.

Guest
One today is worth two tomorrows.
Calendar
MoTuWeThFrStSu