紫式部 家柄

紫式部 家柄

紫式部 家柄



紫式部(むらさきしきぶ)は、平安時代中期の作家・歌人、女房(女官)。作家としては、日本文学史を代表する一人。正確な誕生年は特定できないが、近年の研究では、天禄元年(970年)から天元元年(978年)の間に生まれ、寛仁3年(1019年)までは存命したとされる 。 『源氏物語』の作者とされ、藤原道長の要請で宮中に上がった際に宮中の様子を書いた『紫式部日記』も残している。『源氏物語』と『紫式部日記』の2作品は、後にそれぞれ『源氏物語絵巻』『紫式部日記絵巻』として絵画化された 。また、歌人としても優れ、子供時代から晩年に至るまで自らが詠んだ和歌から選び収めた家集『紫式部集』がある。『小倉百人一首』にも和歌が収められており 、中古三十六歌仙および女房三十六歌仙の一人でもある。『拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に、計51首が入集している 。 父の藤原為時は、官位は正五位下と下級貴族ながら 、花山天皇に漢学を教えた漢詩人、歌人である 。紫式部は藤原宣孝に嫁ぎ、一女(大弐三位)を産んだ。長保3年(1001年)に結婚後3年程で夫が卒去する。その後『源氏物語』を書き始め 、その評判を聞いた藤原道長に召し出されて、道長の娘で、一条天皇中宮の彰子に仕えている間に『源氏物語』を完成させた 。 なお、『紫式部集』には、夫である藤原宣孝の卒去に伴い詠んだ和歌「見し人の けぶりとなりし 夕べより 名ぞむつましき 塩釜の浦」が収められている 。 日本紀の御局とも呼ばれていた 。

 · やがて『源氏物語』の最大のヒロイン 「紫の上」 にちなんで 「紫式部」 と呼ばれました。 家柄と教養. 藤原為時(ふじわらのためとき)の娘で、藤原冬嗣(ふゆつぐ)の流れを汲む 藤原北家 の名門出身。 ただし、傍流の 受領階級 でした。

「紫式部」は「藤原道長」と同じ『藤原北家』という名家の血筋に970年頃に生まれ、母方の曾祖父「藤原文範(ふじわらのふみのり)」と父「藤原為時(ふじわらのためとき)」の父方の曾祖父「藤原兼輔(ふじわらのかねすけ)」は中納言に、「藤原為時」の母の父親である「藤原定方(ふじわらのさだかた)」は右大臣と、名家と呼ぶにふさわしい血を引いてい ...

紫式部は円融天皇の天延元年(973)に生まれました。. 父は式部丞藤原為時、母は常陸介藤原為信の娘です。. 父方も母方も式部が生まれた当時は、いわゆる受領階級で、中流貴族の家柄でありました。. 姉と弟惟規のほか、異母弟二人と異母妹一人がおります。. 式部は幼時より聡明で、父為時が弟の惟規に漢詩文を教えていた時、傍で聞いていて、惟規よりも早く ...

紫式部 家柄 ⭐ LINK ✅ 紫式部 家柄

Read more about 紫式部 家柄.

9
10
11
12

Comments:
Guest
How come an educational system that put so much emphasis on penmanship produced so many doctors?
Guest

People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.

Guest
A good rule to follow is to do unto others as though you were the others
Calendar
MoTuWeThFrStSu