紫式部 の 名前 の 由来

紫式部 の 名前 の 由来

紫式部 の 名前 の 由来



紫式部(むらさきしきぶ)は、平安時代中期の作家・歌人、女房(女官)。作家としては、日本文学史を代表する一人。正確な誕生年は特定できないが、近年の研究では、天禄元年(970年)から天元元年(978年)の間に生まれ、寛仁3年(1019年)までは存命したとされる 。 『源氏物語』の作者とされ、藤原道長の要請で宮中に上がった際に宮中の様子を書いた『紫式部日記』も残している。『源氏物語』と『紫式部日記』の2作品は、後にそれぞれ『源氏物語絵巻』『紫式部日記絵巻』として絵画化された 。また、歌人としても優れ、子供時代から晩年に至るまで自らが詠んだ和歌から選び収めた家集『紫式部集』がある。『小倉百人一首』にも和歌が収められており 、中古三十六歌仙および女房三十六歌仙の一人でもある。『拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に、計51首が入集している 。 父の藤原為時は、官位は正五位下と下級貴族ながら 、花山天皇に漢学を教えた漢詩人、歌人である 。紫式部は藤原宣孝に嫁ぎ、一女(大弐三位)を産んだ。長保3年(1001年)に結婚後3年程で夫が卒去する。その後『源氏物語』を書き始め 、その評判を聞いた藤原道長に召し出されて、道長の娘で、一条天皇中宮の彰子に仕えている間に『源氏物語』を完成させた 。 なお、『紫式部集』には、夫である藤原宣孝の卒去に伴い詠んだ和歌「見し人の けぶりとなりし 夕べより 名ぞむつましき 塩釜の浦」が収められている 。 日本紀の御局とも呼ばれていた 。

この紫式部の呼称の由来は、寛弘五年(1008)十一月一日の後一条天皇生誕五十(いか)日の儀の饗宴の席上で、当時の文壇の指導者であった藤原公任が式部に「わか紫やさぶらふ」と話しかけた事実にもとづいたものと思われます(『紫式部日記』参照)。. ヒロイン紫の上の物語の作者として、紫式部の呼称はふさわしいものとされ、時代とともに知られていったの ...

では、「紫式部」という名前はどこから来ているのだろうか?. 「紫式部」の夫は、藤原宣孝(ふじわらののぶたか)という人物なので、 「紫式部」の姓は「藤原」となる 。. 「式部」というのは、父親の役職名から来ている ので、それらを組み合わせると「藤式部(とうしきぶ)」になる。. 当時は「藤式部」と呼ばれていたようである 。. 後になって、源氏物語に ...

 · 4-2.紫式部の名前の由来. 紫式部という名前は、死後に付けられたという説があります。. 現に、紫式部となる前の 女房名(にょうぼうな)は、「藤式部(とうのしきぶ)」 でした。. これは、父藤原為時の、苗字「藤原」と式部省での官職が式部丞だったことから「藤式部」と呼ばれたようです。. 紫式部となった説は色々あり、当時珍しい紫色の冠にした呼称で呼ば ...

紫式部の名前の由来. 主に観賞するのは、春に咲く小さな釣り鐘の形をした花ではなく、秋に紫色や白色に色付いた、たわわに房になった球形の果実の方なんだ。. 日本では、庭植えとして広く普及していて、秋になると庭先で紫色に美しく色付いた木を見かけることができるよ。. 「ムラサキシキブ」という名前は、美しい紫色の実を、美女として名高かった紫式部に ...

 · このように、京都では重なりあった紫色の実を紫重実(ムラサキシキミ)と呼び、これが作家の紫式部を連想させたことが名前の由来であるそうです。

名前の由来は平安時代の女性作家「紫式部」だが、この植物にこの名が付けられたのはもともと「ムラサキシキミ」と呼ばれていたためと思われる。「シキミ」とは重る実=実がたくさんなるという意味。

ムラサキシキブ(紫式部)の名前の由来. 江戸時代の植木屋が、平安時代の女流作家・紫式部にたとえて、ムラサキシキブという名を付けたといわれています。別名、ミムラサキとも呼びます。 ムラサキシキブ(紫式部)を育ててみよう!

紫式部の「式部」は父または兄の官位(式部大丞)に由来しているようです。 「紫」については『源氏物語』の登場人物である「紫の上」に由来しているのではといわれています。

紫式部 の 名前 の 由来 ⭐ LINK ✅ 紫式部 の 名前 の 由来

Read more about 紫式部 の 名前 の 由来.

2
3
4
5

Comments:
Guest
People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.
Guest

People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.

Guest
A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.
Calendar
MoTuWeThFrStSu