紀貫之 紀長谷雄

紀貫之 紀長谷雄

紀貫之 紀長谷雄



紀氏; 氏姓: 紀臣 のち紀朝臣: 氏祖: 紀角: 種別: 皇別: 本貫: 大和国 平群郡紀里 和泉国 日根郡 山城国 紀伊郡 など: 著名な人物: 紀小弓 紀大磐 紀古佐美 紀長谷雄 紀貫之: 後裔: 都怒国造 坂本朝臣 池田氏(武家) 益子氏(武家) 堀田氏(社家) 田中家(社家 ...

平安前期の歌人。 三十六歌仙の一人。 武内宿禰を祖とする名門紀氏は貫之の時代には藤原氏に押されて衰えており,官人としての栄達の道は困難であった。 しかし一族やその周辺には,従兄弟の紀友則や紀長谷雄,紀有常,惟喬親王,在原業平などの有力歌人や漢詩文で名をなしたものがおり ...

紀長谷雄(はせお)の長男。紀貫之の養子ともいわれる。寛平(かんぴょう)8年(896)文章生(もんじょうしょう)となる。大学頭(だいがくのかみ),東宮学士をへて信濃権介(しなののごんのすけ)。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 紀長谷雄の用語解説 - [生]承和12(845).京都[没]延喜12(912).2.10. 京都平安時代前期の漢学者。貞範の子。字,寛。唐名は発昭。その名は,父が長谷寺に祈願して生れたのにちなむという。貞観 18 (876) 年文章生。文章博士,大学頭,左大弁などを経て,延喜2 ...

醍醐天皇 905-930年 60代目(続き) ・905 紀朝臣友則(友則集) ・905 峰学 少僧都 ・905 紀朝臣貫之 従5位上 御書書預 ・905-4-15 紀朝臣友則 大内記 ・紀貫之等、勅を奉じて古今和歌集を撰上 ・905-4-18 古今和歌集 全20巻 1111首 ・醍醐天皇の命で 完成912年 ・選者: ・紀朝臣貫之 入集102首 ・紀朝臣友 …

三条天皇 1011-1016年 67代目 ・1011頃 承均 興福寺 法橋 ・古今作者 ・父:紀朝臣行広 ・母:不詳 ・生没:不詳 ┌紀朝臣貫之 │ 紀朝臣望行─└紀朝臣宗定──行広→ 伯耆守 興福寺 興福寺 興福寺 → 承均──┌承澄────承賢────承尊 │円満院坊官 法橋 上座 │ └行尊 ・1011-12-8 紀朝臣 ...

 · 紀貫之きのつらゆきは、『古今和歌集』の撰者や『土佐日記』の作者としても有名です。 朝廷での官位はあまり高くありませんでしたが、日本文学に多大な影響を及ぼした偉大な人物です。 今回は紀貫之を生んだ、名門紀氏の系図を見ていこうと思います。

・浦上氏・蝦夷族 稱紀臣族 ・大和朝廷時代の豪族 ・堀田芳賀系図に 紀長谷雄─淑光─文利─忠道─家俊─宗信─宗雅─定網─ 俊文─俊重─堀田重遠─重満─行義─浦上行景としている ※実際は紀貫之の子孫 ・紀淑光が紀貫之の子を養子にしたとの説あり ...

・紀維実より5代目の紀朝臣奉貞の妹が源頼政の弟:源仲光に嫁ぎ、 その四男:源泰政を源奉貞が養子として迎え、 ここから清和源氏池田氏となる ※紀奉政=源奉政 これより清和源氏の池田氏になる ・896-12-13 斉世親王 文章博士 紀長谷雄の門に入らせらる ...

円融天皇 969-984年 64代目 ・969 「安和アンナの変」藤原氏による最後の他氏排斥事件・・・ ・清和源氏が台頭する ・摂関政治の全盛 ・969頃 藤原時光 従2位中納言 ‖―――──────┌藤原兼任 紀貞興(太宰少弐)の娘│ └藤原忠任 ※紀朝臣貞興の娘: ・母:不詳 ・夫:藤原朝臣時光の室 ...

紀貫之 紀長谷雄 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 紀長谷雄

Read more about 紀貫之 紀長谷雄.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Nature is the art of God.
Guest

One of the advantages of being disorderly is that you are constantly making new discoveries.

Guest
People who look for the easy way out seem to have trouble finding an exit.
Calendar
MoTuWeThFrStSu