紀貫之 墓

紀貫之 墓

紀貫之 墓



紀貫之の墓について. 古今和歌集の代表歌人であり、『土佐日記』の作者としても名高い紀貫之の墓が、比叡山の中腹にひっそりと建っています。. 坂本ケーブルの「もたて山駅」から南に300mのところにあります。. 生前、この地から見える琵琶湖の風景をこよなく愛し、没後はここに葬ってほしいと願っていたと伝わっています。. ※掲載されている情報や写真につい ...

 · 紀貫之墓. 平安時代を代表する歌人で、三十六歌仙のひとり紀貫之(きのつらゆき)。. 905(延喜5)年、醍醐天皇の命により初の勅撰和歌集となる『古今和歌集』を紀友則らとともに撰上。. 土佐守の任を終えた際の道中紀行『土佐日記』でも知られますが、945(天慶8)年に没して、比叡山山中の裳立山(もたてやま)山頂に墓所があります。.

古今和歌集の代表歌人として名高い紀貫之の墓が、比叡山の中腹にひっそりと建っている。. 坂本ケーブルの「もたて山駅」から南に300メートルのところにある。. 所在地. 大津市坂本本町. アクセス. 公共交通機関. JR湖西線 「比叡山坂本」 下車 徒歩 15分. その他. 坂本ケーブルでもたて山駅下車、徒歩20分.

土佐日記で有名な紀貫之の墓です。 坂本ケーブルの「もたて山駅」から10分ほど歩いた裳立山の山頂にあります。 木々の間から琵琶湖がちらっと見えます。

紀貫之 墓 紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で[1]、三十 …

紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で 、三十六歌仙の一人。

施設情報. 古今和歌集の代表歌人であり、『土佐日記』の作者としても名高い紀貫之の墓が、比叡山の中腹にひっそりと建っています。. 坂本ケーブルの「もたて山駅」から南に300mのところにあります。. 生前、この地から見える琵琶湖の風景をこよなく愛し、没後はここに葬ってほしいと願っていたと伝わっています。. 施設名. 紀貫之の墓. 住所. 滋賀県大津市坂本 ...

紀貫之 墓 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 墓

Read more about 紀貫之 墓.

2
3
4
5

Comments:
Guest
Last year I made a list of things that I resolved to do--I'll use that list again this year--it's still as good as new.
Guest

Marriage is made in heaven--so is thunder and lightning.

Guest
No man who has caught a big fish goes home through an alley.
Calendar
MoTuWeThFrStSu