紀貫之 古今和歌集 序文

紀貫之 古今和歌集 序文

紀貫之 古今和歌集 序文



『古今和歌集』(こきんわかしゅう)、略称「古今集」は、平安時代前期の勅撰和歌集のことです。 勅撰とは、勅命によって詩歌や文章などをえらんで書物を作ることで、命じたのは、醍醐天皇、命じられて編纂に当たった主な編纂者は紀貫之(きのつらゆき)です。

醍醐天皇の勅撰の詔を受け、全20巻の古今和歌集の撰進を行うにあたり、前後に1巻ずつ付けた序文の内の前巻の「仮名序」。奏上の為、紀貫之が草稿した序文(原本は紀貫之筆)。こちらは何代か書写を繰り返されたもので、書写人は不明。

紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。 下野守・紀本道の孫。 紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈 従二位。 『古今和歌集』の選者の一人で 、三十六歌仙の一 …

紀貫之ら撰者が紀淑望に『古今和歌集』の序文を依頼したのは、勅撰集でありながら、紀氏の家集という色彩の強い『古今和歌集』の序文の作者として、立派な漢文の書ける「氏の長者」が書くことが適当だと判断したのだろう。

<出典:wikipedia> 古今和歌集. 成立:905年 巻数:20巻 歌数:1200首 編纂者:紀友則 (きのとものり) 、紀貫之 (きのつらゆき) 、凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね) 、壬生忠岑 (みぶただみね) 『古今和歌集』は、醍醐天皇の命で作られた、初の勅撰和歌集です。

だが、歌人としては極めて華やかな存在で、初の勅撰和歌集『古今和歌集』の編纂にあたり、仮名による序文「仮名序」を執筆、当時、名実ともに第一人者となった。紀貫之の生年は866年(貞観8年)もしくは872年(貞観14年)などの説があり定かではない。

 · 紀貫之が寄せたとされる古今和歌集の序文「仮名序」は、日本初の歌論とされ、和歌の何たるかを説く紀貫之の繊細かつ大胆な論が書かれています。 “倭歌は、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける。

袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ 紀貫之の古今和歌集に収録されている和歌の現代語訳と修辞法、詠まれた季節、縁語や掛詞の解説、鑑賞を記します。紀貫之は古今和歌集の選者であり、古今和歌集の序文「仮名序」の作者です。

紀貫之 古今和歌集 序文 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 古今和歌集 序文

Read more about 紀貫之 古今和歌集 序文.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Truth has only to change hands a few times to become fiction.
Guest

People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.

Guest
The easiest way to have your family tree traced is to run for public office.
Calendar
MoTuWeThFrStSu