紀貫之 おんなの

紀貫之 おんなの

紀貫之 おんなの



古今和歌集の仮名序「やまとうたは」の訳と現代仮名遣い、意味について解説します。仮名序とは、古今和歌集の最初に選者の紀貫之が和歌の本質と効用を述べた古今集歌集の序文です。品詞分解や文法解説も参考にしてください。

作者は紀貫之で男性ですが、女性になりかわって、仮名の日記を書く、という意味でこのような冒頭となっています。 この時代、男性は通常漢字(真名)で日記を書き、仮名を使うのは女性へのラブレター(和歌)くらいでした。

土佐日記冒頭「をとこもすなる日記といふものを、をむなもしてみんとて、するなり」の解釈について一般的には「男も書くと聞いている日記というものを女である私もしてもようと書くのである。」という解釈が用いられ、紀貫之が女性に成り代わって書いているという解釈ですが、2007年に ...

帯とけの「古今和歌集」――秘伝となって埋もれた和歌の妖艶なる奥義――「古今和歌集」の歌を、原点に帰って、紀貫之、藤原公任、清少納言、藤原俊成に歌論と言語観を学んで聞き直せば、歌の「清げな姿」だけではなく、隠れていた「心におかしきところ」が顕れる。それは、普通の言葉 ...

帯とけの拾遺抄藤原公任撰『拾遺抄』の歌を、紀貫之、藤原公任、清少納言、藤原俊成の言語観と歌論に従って読んでいる。公任の捉えた和歌の表現様式は「およそ歌は、心深く、姿清げに、心におかしきところあるを優れたりといふべし」という、優れた歌の定義に表れている。

(毎日新聞出版・1728円) 夢見るように微笑む人の気配 副題は「歳時記ものがたり」。 歳時記の季語をタイトルにした、一話読み切りの短篇連作 ...

紀貫之 おんなの ⭐ LINK ✅ 紀貫之 おんなの

Read more about 紀貫之 おんなの.

3
4
5

Comments:
Guest
We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.
Guest

Family reunions sometimes leave us with feud for thought.

Guest
There is only one pretty child in the world, and every mother has it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu