秘密 谷崎 潤一郎 先行 研究

秘密 谷崎 潤一郎 先行 研究

秘密 谷崎 潤一郎 先行 研究



谷崎潤一郎「秘密」論--探偵小説との関連性 永井 敦子 日本文芸研究 55(3), 83-100, 2003-12

谷崎潤一郎「秘密」論 山口 政幸 専修国文 (86), 37-58, 2010-01

谷崎潤一郎「秘密」論--<優位>と<哀切> 小林 幸夫 上智大学国文学科紀要 (21), 21-36, 2004-03

『秘密』(ひみつ)は、谷崎潤一郎の短編小説。普通の刺戟に飽いてしまった男が美しく女装して町に繰り出したり、再会した昔の女の秘密の住居に目隠しをしたままで赴いたりする物語。. 1911年(明治44年)11月、『中央公論』に掲載された 。 初収録は同年12月に籾山書店より刊行の『刺青』

谷崎潤一郎「秘密」における身体感覚とセクシュアリティの接点、 デカルトはどのように説明するというのだろうか。 市川浩氏は、著書の中で次のように述べている。

<新しい女>像と谷崎潤一郎「秘密」 張 栄順 文学研究論集 (19), 92-114, 2001-03-31

Title 谷崎潤一郎作品における〈身装〉を視座とした研究 ... 人及び文壇の身体観についての先行研究を整理し、欧米のようなヌードの美が育っていな ... 第二章の「秘密」論では、当時の服飾事情から、この頃が〈装いの交錯期〉であったと ...

谷崎潤一郎の「秘密」を、今までとは違った捉え方で読み直してみたいという思いで研究を始めました。 男性が女装すること、また、女性が女性性を更に強調すること、これはどちらも本来の自分から逸脱していこうとする、変身にほかなりません。

・山口政幸「谷崎潤一郎「秘密」論」[要旨]「秘密」の読解は、河野多恵子が言い表した「男が女装をする小説」を一義としてとらわれやすいのではないか。明治という日本の歴史の未曾有の転換期の終末といってよい時に、多分に明治の国家主義的なテーゼと背馳するかのよう

目次あらすじ感想 あらすじ 主人公の男性は華やかな社交生活につかれ隠遁を試みます。 彼の選んだ隠れ家は浅草のある寺の中でした。 その寺は浅草の貧民靴の片隅にありました。 主人公は郊外に隠遁するよりも、町中のどこかにさびれ ...

秘密 谷崎 潤一郎 先行 研究 ⭐ LINK ✅ 秘密 谷崎 潤一郎 先行 研究

Read more about 秘密 谷崎 潤一郎 先行 研究.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Be cautious--Opportunity does the knocking for temptation too.
Guest

The best thing you can spend on your children is time.

Guest
Don't waste time and energy setting your hopes for your children higher than your example
Calendar
MoTuWeThFrStSu