石榴 江戸川 乱歩

石榴 江戸川 乱歩

石榴 江戸川 乱歩



『石榴』(ざくろ)は、江戸川乱歩の著した中篇小説である。1934年(昭和9年)9月、『中央公論』に掲載された。

作家名: 江戸川 乱歩: 作家名読み: えどがわ らんぽ: ローマ字表記: Edogawa, Ranpo: 生年: 1894-10-21: 没年: 1965-07-28

江戸川乱歩の経歴や作品を紹介しています。お気に入りの小説や本も紹介しています。小説のあらすじ等は個人的な解釈によるものですのでご了承下さい。

江戸川 乱歩 (えどがわ らんぽ、旧字体:江戶川 亂步、1894年(明治27年)10月21日 - 1965年(昭和40年)7月28日)は、大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家・推理作家である。 また、戦後は推理小説専門の評論家としても健筆を揮った。 実際に探偵として、岩井三郎探偵 ...

執筆まで [編集]. 満州事変の勃発を機に、推理専門雑誌が続々と廃刊となり、推理作家の執筆依頼が減る中、乱歩だけは熱烈な支持を得て、大衆雑誌で活躍していた。しかし大衆雑誌で本格推理小説はなかなか発表できないジレンマに悩んでいる時、中央公論から何を書いてもかまわないという ...

第(2)章より それは今から足掛十年前、大正――年の秋に、名古屋市の郊外Gという新住宅街に起った事件です。

「乱歩だから許される」感覚. 江戸川乱歩の作品には、その世界でしか描かれない、その筆からしか生まれ得ないような表現方法がたくさんあります。 そういった「乱歩だから許される」数々の感覚こそ、江戸川乱歩作品の魅力だといえるでしょう。. 例えば明智シリーズで頻繁に描かれる逃走 ...

独特の世界観を持つ江戸川乱歩作品の中でも、特にその魅力を堪能できるおすすめの傑作をご紹介します。怪奇でグロテスクでエロティックで、人間の狂気や欲望を独自の世界で描く乱歩作品に、きっとあなたも夢中になることでしょう。没後50年が経った今も、多くの人を魅了し続ける乱歩 ...

江戸川乱歩ファンに限らず探偵小説ファンの方には有名な江戸川乱歩の「貼雑年譜」です。序に自ら、「時局のため、文筆生活が殆んど不可能となったので暫く休養する事にした。その徒然にふとこの貼雑帖を拵えて置くことを思ひ立った。

デジタル大辞泉プラス - 石榴(ざくろ)忌の用語解説 - 推理小説作家、江戸川乱歩の忌日。7月28日。名称は中編小説「石榴 ...

石榴 江戸川 乱歩 ⭐ LINK ✅ 石榴 江戸川 乱歩

Read more about 石榴 江戸川 乱歩.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
We never miss the music till the sweet-voiced bird has flown.
Guest

Giant oak trees started out as little nuts that held their ground.

Guest
People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.
Calendar
MoTuWeThFrStSu