石川 淳 焼跡 の イエス

石川 淳 焼跡 の イエス

石川 淳 焼跡 の イエス



石川 淳『焼跡のイエス・善財』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

石川淳「焼跡のイエス」論 総合文化研究第18巻第1号(2012.8) たとえば、作品冒頭は次のようになっている。点と距離の取り方の変化と言い換えてもよいだろう。

焼跡の「少年」とは何者か--石川淳「焼跡のイエス」論 永淵 道彦 筑紫女学園短期大学紀要 (40), 1-11, 2005

石川淳『焼跡のイエス』は、小説中の話者の主観を取り去って冷静に起きたことだけを取り出してみれば、みすぼらしい少年に話者が財布をかっ払われた、ということで話はおしまいである。

石川 淳(いしかわ じゅん、1899年(明治32年)3月7日 - 1987年(昭和62年)12月29日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家。東京府浅草区生まれ。無頼派、独自孤高の作家とも呼ばれ、エッセイでは夷斎と号し親しまれた。本名淳(きよし)。

石川淳「焼跡のイエス」論 : 被占領下における「倫理」の可能性をめぐって: 著者: 山根 龍一: 出版地(国名コード) JP: 別タイトル: The Theory about Jun Ishikawa "Jesus of Burnt Remains" : Concerning an Ethical Possibility in under Occupation: 出版年(W3CDTF) 2012-08: NDLC: ZV1: 対象利用者 ...

 · 石川淳『焼跡のイエス・善財』(講談社文芸文庫)を読みました。 石川淳は、坂口安吾や太宰治などとともに、「無頼派」と呼ばれる作家の一人です。戦後の荒廃した風景、そしてそこに暮らす人々の姿を、独自の目線で描きました。

(『石川淳論』安藤始、桜楓社) たしかにイエスの名前なんかをだすと、なんだか神聖なもののような気がしてくる。石川淳は、願望の姿である少年をイエスと呼ぶことによって、その願望に「聖」のイメージを与えようとしたのかもしれない。しかしその ...

2008-06-25 // [目次] [趣旨] ∥ home ∥ 維納山人宛ご教示など ∥ [次へ] Genji Research Papers 日本伝統文学の研究 『源氏物語』公式サイト 維納山人研究論文集. 石川淳『焼跡のイエス』冒頭段 / 構成表

石川 淳 焼跡 の イエス ⭐ LINK ✅ 石川 淳 焼跡 の イエス

Read more about 石川 淳 焼跡 の イエス.

3
4
5
6

Comments:
Guest
Doing you best is more important than being the best.
Guest

One today is worth two tomorrows.

Guest
Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.
Calendar
MoTuWeThFrStSu