犬 と 笛 芥川 龍之介

犬 と 笛 芥川 龍之介

犬 と 笛 芥川 龍之介



底本:「芥川龍之介全集2」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年10月28日第1刷発行 1996(平成8)年7月15日第11刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 入力:j.utiyama

『犬と笛』(いぬとふえ)は、芥川龍之介の短編小説。1919年(大正8年)に『赤い鳥』にて発表された。芥川の児童文学中でも冒険色が強い作品である。

 · 芥川龍之介は、35歳でこの世を去りますが、「犬と笛」が書かれた大正7年は、新技巧派の騎手として、旺盛な創作活動をしていたときでした。自然主義が本流だった日本文学界において、彼はまさに異端児で、さまざまな非難を受けましたが、自説...

 · ★ 【青空永音】チャンネルへお越しいただき、ありがとうございます♫ 「朗読動画Library」も宜しくね http://roudokudouga.com ...

犬 と 笛 芥川 龍之介 ⭐ LINK ✅ 犬 と 笛 芥川 龍之介

Read more about 犬 と 笛 芥川 龍之介.

9
10
11

Comments:
Guest
The difficulties of life are intended to make us better, not bitter.
Guest

No person ever advanced by traveling in reverse.

Guest
The smallest deed is better than the greatest intention.
Calendar
MoTuWeThFrStSu