湯沢 温泉 川端 康成

湯沢 温泉 川端 康成

湯沢 温泉 川端 康成



越後湯沢温泉(えちごゆざわおんせん)は、新潟県 南魚沼郡 湯沢町(旧国越後国)にある温泉。 川端康成の名作『雪国』の舞台になった温泉町である。 単に湯沢温泉と呼ばれることもある。. なお、新潟県には他にも岩船郡 関川村(荒川峡温泉郷)に湯沢温泉がある。

越後湯沢温泉は川端康成の小説「雪国」の舞台。江戸時代は三国街道の静かな宿場町だったが、上越新幹線開業にともない一大スキーリゾートとして発展。近年は外国人観光客も多く訪れる。定番のコシヒカリや地酒に加え「へぎそば」や「もち豚」もおすすめ。

康成が執筆した当時の部屋や他の作家の作品も楽しめ、充実した時間を過ごすことができました。 温泉と料理、そして川端康成の世界にも浸って、大満足! さあ、チェックアウト…。 と思ったらフロントの方から何とも魅力的なお誘いが。

雪国の宿高半は創業900年、湯沢温泉の開湯以来湧き出る「湯元」源泉を引く数少ない宿。ノーベル賞作家川端康成が小説「雪国」の執筆のため、昭和9年から昭和12年まで逗留したゆかりの宿としても有名。

川端康成ゆかりの名湯 . 越後湯沢駅からガーラ湯沢方面へ温泉街を抜け、山手へと急な坂をあがっていくとその建物は見えてきます。 「山の湯」には川端康成も浸かったといわれ、古くから湯治場として親しまれてきました。

文豪・川端康成先生が、昭和9年~12年にかけての3年を過ごした新潟県の越後湯沢温泉にある<高半>という旅館をご紹介します。ノーベル文学賞をとった名作『雪国』を執筆していた「かすみの間」は移築され、宿泊すると見学することができるんですよ。

越後湯沢温泉(新潟県)の特徴や人気宿、おすすめ日帰り温泉、観光スポット、アクセス、クチコミなどをご紹介。「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」。有名な書き出しで始まる川端康成…|温泉旅行・温泉宿探しは【ゆこゆこ】

 · 駅構内の温泉から山あいの温泉宿まで、趣向に合わせて温泉宿を選べる越後湯沢温泉は、まさに温泉天国。今回は、900年以上の歴史を持つ老舗旅館「雪国の宿 高半」をご紹介します。宿の自慢は、越後湯沢温泉の始まりともなった源泉を今もそのまま利用していること。

「雪国館」という名のとおり、湯沢が舞台となった川端康成の小説「雪国」と、「雪国」湯沢の暮らしぶりや歴史を中心とした展示を行っております。小説を読む、映画や舞台を見る、といった以上に、心に深く迫ってくる日本画「雪国」。ぜひ一度当館を訪れ、そんな「雪国」の世界 …

新潟県 越後湯沢 雪国の宿 高半 100%天然の源泉を掛け流した温泉と、地産のこだわりの食材から作られる美味しい料理。絶景を眺めながら、癒しのひとときをどうぞ。

湯沢 温泉 川端 康成 ⭐ LINK ✅ 湯沢 温泉 川端 康成

Read more about 湯沢 温泉 川端 康成.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
The most important ability is availability.
Guest

Make tomorrow another day and not today's sequel.

Guest
The right to do something does not mean that doing it is right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu