清少納言 雪 花

清少納言 雪 花

清少納言 雪 花



貞明皇后の御用命を受けて以降,完成まで実に20年以上を要した,女流画家・上村の畢生の力作である。画題は,雪,月,花にこと寄せた平安期の宮廷での雅やかな女性風俗であり,それぞれ『枕草子』,『源氏物語』,そしておそらくは『伊勢物語』等に想を得たと思われる優美な情景 …

雪は散る花に、また花は雪に譬えられるのは和歌の通例です。 作者清原深養父は、『枕草子』の筆者として知られる清少納言の二代前、清少納言の祖父にあたります。

白氏文集にある文章では、「山では寒空に雪が散って、春の心地がする」と書いてあり、その漢詩を踏まえるのはもちろんのこと、 清少納言は、それにプラスして、「寒空に雪が花のように散っていて、春の心地がする」と、雪を桜に見立てた”日本の春”らしさを描いていて・・・。

清少納言は白居易の詩の「三時雲冷ややかにして多く雪を飛ばし」を素材に、雪を花に見立てて句に仕立てたわけです。 対句になっている所を使うというのは、さすが、鋭い着想ですね。

少し春ある心地こそすれ空冴えて花にまがひて散る雪にこの2つの句の作者名を教えてください。 少し春ある心地こそすれは藤原公任が清少納言に送った和歌の下の句です。これは白居易の白氏文集にある律詩「南泰雪」の第四句「二...

3、公任からの「少し春ある心地こそすれ」の言い掛けに「空寒み花にまがへて散る雪に」と付けたこと。 4、藤原行成が「鶏の声にもよほされて」清少納言のところから帰ったのだと言い訳をしてきたのに対し、「その声は函谷関ので、

賀茂の臨時の祭は、空が曇って寒そうでいて、雪が少し舞い散ってて、挿頭(かざし)の花や青摺りの衣なんかにかかってるのが、言葉では言い表せないくらい素敵なの。太刀の鞘(さや)がくっきりと黒くて、まだら模様で幅広に見えたんだけど、半臂(はんぴ)の緒が、磨いて艶を出 …

雪の結晶について追っている中で、平安時代の文学でどんな風に雪が登場するのかを知りたくなりました。とくに清少納言が雪についてどう取り上げているのかを。私がページを追ってみつけた箇所を挙げてみます。

枕草子の作者清少納言の生涯や原文の内容・意味、現代語訳を紹介。冒頭の春はあけぼの…も有名です。日本が世界に誇る随筆文学、枕草子の魅力を解説しています。

 · 木に咲く花は、濃いのも薄いのも紅梅がいちばん。桜は花びらが大きくて葉の色が濃いのが細い枝に咲いてるのがいいのね。藤の花は、長くしな垂れていて、色が濃く咲くのが、すごくすばらしいの。 四月の末から五月はじめの頃は、橘の葉が濃く青いのに、とっても白い花が咲いてるのが ...

清少納言 雪 花 ⭐ LINK ✅ 清少納言 雪 花

Read more about 清少納言 雪 花.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
It's always a good idea to seek the advice of others, but that doesn't mean you have to take it.
Guest

Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.

Guest
The difficulties of life are intended to make us better, not bitter.
Calendar
MoTuWeThFrStSu