清少納言 望月

清少納言 望月

清少納言 望月



清少納言の「枕草紙」にも「望月の駅(むまや)」と出てきます。 古来日本に朝鮮半島から渡来人ととともに馬が入ってきて、軍用としても重要な馬を増産することになります。

こんにちは。望月順子です。 「枕草子」読んだことありますか。小学生か中学生の時に暗記した第一段「春は曙。やうやう白くなりゆく、山際すこし明かりて、紫立ちたる雲…

清少納言は天才少女だった! 清少納言のお父さん「 清原元輔 きよはらもとすけ 」は有名な 歌人 かじん 。 清少納言も小さい頃から 和漢 わかん (日本のことも、中国のことも)の教育を受けたよ。 特に 漢詩 かんし の知識なんかは「誰にも負けない! 」と言えるほどのレベルだった。

清少納言は、藤原良房の「年ふれば・・・」の歌を書きました。 ... 「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」 ...

清少納言(康保3年頃(966年頃)~万寿2年頃(1025年頃))が平安時代中期に書いた『枕草子(まくらのそうし)』の古文と現代語訳(意訳)を掲載していきます。『枕草子』は中宮定子に仕えていた女房・清少納言が書いたとされる日本最古の女流随筆文学(エッセイ文学)で、清少納言の自然 ...

枕草子『二月つごもりごろに』 このテキストでは、枕草子の一節『二月つごもりごろに』の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 ※作者の清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后であった中宮定子に仕えました。そして枕草子は

徒然草『花は盛りに』 このテキストでは、兼好法師が書いたとされる徒然草「花は盛りに」の「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 ※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随

清少納言って、苗字が「清」で、名が「少納言」ですか?ちょっと、噂で聞いたもので…。本当でしょうか?どなたか教えてください。 そもそも少納言は役職名であって名前ではないのです

前回は、悲劇の天皇、三条天皇のお話をしました。今回は、三条天皇の次の天皇である後一条天皇の時代の話をしようと思うのですが、正直、後一条天皇ってとっても地味なんです・・・。ということで、今回は藤原道長が詠んだ有名な一句「この世をば わが世とぞ

清少納言 望月 ⭐ LINK ✅ 清少納言 望月

Read more about 清少納言 望月.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Four be the things I am wiser to know: idleness, sorrow, a friend and a foe.
Guest

Make tomorrow another day and not today's sequel.

Guest
To disagree, one doesn't have to be disagreeable.
Calendar
MoTuWeThFrStSu