清少納言 冬 は つとめて

清少納言 冬 は つとめて

清少納言 冬 は つとめて



 · 冬は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。 〈現代語訳〉

『枕草子』冬の情景. 冬はつとめて. 清少納言が趣を感じた春の情景が『春はあけぼの』。 これは、『春の明け方は趣がある』という意味です。 では、冬はどうなっているのでしょうか。 . 枕草子の原文を見てみましょう。 冬はつとめて。

冬はつとめて. 写真:京都「美山」の雪灯籠(出典:4travel.jp) 冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いと …

冬は、つとめて。 雪の降りたるはいふべきにもあらず。 霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、 火など急ぎ熾(おこ)して、炭もて渡るも、いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、 火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。

冬はつとめて。 雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。 (現代語訳) 冬は早朝(が良い)。

 · 「冬はつとめて。」 いやあ、清さん、本当にそう思っていただろうか。 これについては、疑っている人が少なくないと俺はずっと思っている。 最初に確認しておきたいのだが、「冬はつとめて」は、秋の収穫を終えた農家の清さんが冬になるとどこかの会社に勤めにいく…ということではない。

 · 「冬はつとめて。 雪の降りたるは、言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、また、さらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭もて渡るも、い ...

冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるく ゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。

 · 最後、「冬はつとめて」。この「つとめて」というのが、最初読んだときは意味が分からない、というひとも多いかもしれません。 つとめて、というのは、漢字にすると「夙めて」になります。

イラスト 枕草子 冬はつとめて イラスト 枕草子 定子と清少納言 イラスト 枕草子 世に出るきっかけ イラスト 枕草子 翁丸という犬 トップページ゙ 当サイトの総目次)へ ご意見ご感想は <送信用メールアドレス> 又は <送信フォーム>

清少納言 冬 は つとめて ⭐ LINK ✅ 清少納言 冬 は つとめて

Read more about 清少納言 冬 は つとめて.

6
7
8
9

Comments:
Guest
When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.
Guest

Lost time is never found again.

Guest
Some people treat their religion like a spare tire--they never use it except in an emergency.
Calendar
MoTuWeThFrStSu