清少納言 冬

清少納言 冬

清少納言 冬



 · 清少納言『枕草子』の冒頭【春、夏、秋、冬】 〈原文〉 春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく、山ぎは少し明りて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 夏は、夜。月の頃はさらなり。闇もなほ。螢の多く飛び違ひたる。

 · 清少納言は、平安時代中期の女流作家、歌人で、『枕草子』の作者(本名は 清原諾子 きよはらのなぎこ )。. 誕生日や死没の日付は分かっていませんが、966年頃に生まれ、1025年頃に亡くなったと考えられています。. この『枕草子』は、情緒的な風景を描写した「春はあけぼの」から始まる冒頭の文章が有名です。. 春、夏、秋、冬のそれぞれの季節ごとに ...

冬…「冬は早朝(つとめて)よ。雪が降(ふ)ったのなんか、たまんないわ! 霜(しも)がすんごく白いのも。あと、そうじゃなくても、すっごい寒いんで火なんか急いでおこして、炭の火持って歩いていくのも、すっごく“らしい”の。

 · 清少納言は、「春は明け方がいい」といいました。次いで、「夏は夜」「秋は夕暮れ」「冬は早朝」…。季節は春。

 · 平安時代の名エッセイスト、清少納言がまるで、「冬の朝は寒いからこそいいのよ~!」と言っているようですね。

清少納言 冬 ⭐ LINK ✅ 清少納言 冬

Read more about 清少納言 冬.

3
4
5
6

Comments:
Guest
The smallest deed is better than the greatest intention.
Guest

Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.

Guest
All the world's a stage, but most of us are stagehands.
Calendar
MoTuWeThFrStSu