清原深養父 清少納言

清原深養父 清少納言

清原深養父 清少納言



男子:清原春光 - 元輔の父・清少納言の曽祖父または祖父。元輔を深養父の子とする系図もある。 男子:清原重文 - 子孫に東北地方の豪族・出羽清原氏を繋げる系図もある 。 脚注

清原深養父. 清原深養父(きよはらのふかやぶ・生没年不明)は 清少納言 の父・ 清原元輔 の祖父にあたる人です。. 清原深養父の和歌は「古今和歌集」などに伝えられていて、延長八年 (930年)従五位下を賜っています。. 中納言兼輔 、 紀貫之 などとも交流があり、琴の名手だったとも言われています。. 晩年は、京都大原の近くに補堕落 (ふだらく)寺というお寺を ...

清原氏; 氏姓: 清原真人 清原朝臣: 始祖: 天皇の皇子・諸王: 種別: 皇別: 著名な人物: 有雄流: 清原深養父 清原元輔 清少納言 長統流: 清原令望. その他: 清原長谷(長谷王) 清原夏野(繁野王) 清原長田(長田王) 清原岑成(岑成王) 後裔: 出羽清原氏 ...

清少納言(せい しょうなごん、康保3年頃〈966年頃〉 - 万寿2年頃〈1025年頃〉)は、平安時代中期の女流作家、歌人。 随筆『枕草子』は平安文学の代表作の一つ。 本名は清原 諾子(きよはら の なぎこ)とされている

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 清原深養父の用語解説 - 平安時代中期の歌人。寛平~延長 (889~931) 頃生存。中古三十六歌仙の一人。天武天皇の末孫で,房則の子。清少納言の曾祖父にあたる。延喜8 (908) 年内匠允,延長1 (923) 年内匠大允,同8年従五位下と官位は低かったが,歌人とし ...

実名は不明。「清少納言」は女房名で、「清」は清原姓、「少納言」は近縁の誰かの官職名と思われる。父方の曾祖父清原 深養父 ( ふかやぶ ) は低位の官で終わったが、『古今和歌集』に多数入集した歌人で、紀貫之とも親交があった。父元輔は六二歳 ...

清少納言の父は清原元輔(後撰和歌集の選者の一人)。曾祖父は清原深養父。・・・深養父(ふかやぶ)って以前の「古典」の回で「初めて知った人物」と書いてしまった人だ… 清少納言のひいおじいさんだったのか 《関連記事》 中宮定子に仕えた。

父は備後守・清原通雄(清原房則の祖父)であるという説もある。清少納言の父である清原元輔は、深養父の子あるいは孫と言われ、この点についてもはっきりしない。ちなみに、清原元輔は 908年(延喜 八)生れ。

清原 元輔(きよはら の もとすけ)は、平安時代中期の貴族・歌人。 内蔵允・清原深養父の孫で 、下総守・清原春光の子 。 官位は従五位上・肥後守。 娘に清少納言がいる。 三十六歌仙の一人。

清原致信は、清少納言の兄であると同時に、『後撰和歌集』の編纂者の一人である著名歌人清原元輔 (きよはらのもとすけ) の息子であり、 『古今和歌集』に多くの名歌を残した清原深養父 (きよはらのふかやぶ) のひ孫です。

清原深養父 清少納言 ⭐ LINK ✅ 清原深養父 清少納言

Read more about 清原深養父 清少納言.

4
5
6

Comments:
Guest
A dog is the only thing on this earth that loves you more than he loves himself.
Guest

We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.

Guest
Nothing is as hard to do as getting off your high horse.
Calendar
MoTuWeThFrStSu