波潟剛 安部公房 燃えつきた地図 論

波潟剛 安部公房 燃えつきた地図 論

波潟剛 安部公房 燃えつきた地図 論



安部公房『燃えつきた地図』論 ― 作品内の読者、小説の読者、および同時代の読者をめぐって 波潟 剛 文学研究論集 (14), 131(112)-152(91), 1997-03-19

波潟剛「安部公房『燃えつきた地図』論―作品内の読者、小説の読者、および同時代の読者をめぐって―」(筑波大学文学研究論、1997年) 『キネマ旬報ベスト・テン80回全史 1924-2006』 キネマ旬報社 〈 キネマ旬報 ムック〉、2007年7月。

波潟 剛 はじめに 91 安部公房の長編小説門砂の女㌧他人の顔』『燃えつきた地図』は失掠三部作と呼ばれている。その第三作に当たる『燃え つきた地図』は、一人の男の失瞭を追跡していた私立探偵自身が失擦してしまう、という小説である。

^安部公房「〈著者との対話〉通信社配信の談話記事」(名古屋タイムズ 1967年10月2日号に掲載) ^ 波潟剛「安部公房『燃えつきた地図』論―作品内の読者、小説の読者、および同時代の読者をめぐって―」(筑波大学文学研究論、1997年) ^ a b 安部公房「著者の言葉――『燃えつきた地図 ...

^安部公房「〈著者との対話〉通信社配信の談話記事」(名古屋タイムズ 1967年10月2日号に掲載) ^ 波潟剛「安部公房『燃えつきた地図』論―作品内の読者、小説の読者、および同時代の読者をめぐって―」(筑波大学文学研究論、1997年) ^ a b 安部公房「著者の言葉――『燃えつきた地図 ...

安部公房『燃えつきた地図』論 ― 作品内の読者、小説の読者、および同時代の読者をめぐって 波潟 剛. 文学研究論集 (14), 131(112)-152(91), 1997-03-19. 機関リポジトリ

波潟剛「安部公房『燃えつきた地図』論―作品内の読者、小説の読者、および同時代の読者をめぐって―」(筑波大学文学研究論、1997年) 『キネマ旬報ベスト・テン80回全史 1924-2006』 キネマ旬報社 〈 キネマ旬報 ムック〉、2007年7月。

燃えつきた地園h 』 の核と も 言 うべき重要性を持っていると考えられる 。 そのためか 、多くの先行研究が結末部の解釈に力を注いでい ー 安部公房 『燃えつきた地図 』論 i 中 野 和 典

地図と契約 ||安部公房『燃えつきた地図』 『燃えつきた地図』は一九六七年九月、「純文学書下ろし特別 前年に発表された短編小説「カ作品」として新潮社から刊行された。この小説の結末部はその l ブの向う」(「中央公論」一九六 次のように語っている。

安部公房が いうところの三部作とは、『砂の女』(1962)、『他人の顔』(1964)、『燃え つきた地図』(1967)の三作である。三部作に見られる「失踪」という共 通のテーマについて、波潟剛氏はマクロ的な視点から、「〈失踪〉が単なる

波潟剛 安部公房 燃えつきた地図 論 ⭐ LINK ✅ 波潟剛 安部公房 燃えつきた地図 論

Read more about 波潟剛 安部公房 燃えつきた地図 論.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.
Guest

A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.

Guest
Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.
Calendar
MoTuWeThFrStSu