沈黙 意味 遠藤 周作

沈黙 意味 遠藤 周作

沈黙 意味 遠藤 周作



『沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説。1966年に書き下ろされ、新潮社から出版された。江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。第2回谷崎潤一郎賞受賞作。この小説で遠藤が到達した「弱者の神」「同伴者イエス」という考えは、その後の『死海のほとり』『侍』『深い河』といった小説で繰り返し描かれる主題となった。世界中で13か国語に翻訳され、グレアム・グリーンをして「遠藤は20世紀のキリスト教文学で最も重要な作家である」と言わしめたのを始め、戦後日本文学の代表作として高く評価される。

が収束して間もないころ、

が収束して間もないころ、

沈黙 (遠藤周作) カトリック教会からの批判と遠藤のその後の発言 『沈黙』出版当初のカトリック教会からの反発は非常に強いものがあった[3]。特に長崎においては禁書に等しい扱いをされた[4]と...

そういう意味で『沈黙』という題をつけました。併せて私は、そういう迫害時代に多くの嘆きがあり、多くの血が流れたにもかかわらず、なぜ神は黙っていたのかという、「神の沈黙」とも重ねたのです。」(遠藤周作『人生の踏絵』新潮社、2017年、19頁)

遠藤周作の歴史小説。 江戸時代初期、キリシタン弾圧の中で棄教したポルトガル人司祭を主人公にした作品。 昭和41年(1966)発表。同年、第2回谷崎潤一郎賞受賞。 昭和46年(1971)、篠田正浩監督によ …

芥川賞作家・遠藤周作の代表作である「沈黙」。この作品をアメリカ人監督であるマーティン・スコセッシ氏がメガホンをとり、ハリウッド映画として制作、日本でも公開がはじまった。遠藤周作の弟子・加藤宗哉氏はこれを見て、何を思ったのか。

 · 遠藤周作の「沈黙」は16世紀の日本を舞台にした歴史小説の傑作です。そしてこの小説はキリスト教の主題の一つである「神の沈黙」を主題にしています。その描き方によって「沈黙」はキリスト教に焚書扱いされることもありました。 そこでマーティン・スコセッシ監督によって映画化された ...

 · 沈黙(遠藤周作) 沈黙することに何の意味があるのか? 又吉さんが沈黙について書かれていて驚きました。又吉さんもクリスチャン家庭で育ったんですね。 「夜を乗り越える」の中で、宗教や神についてずっと考えていたと書かれてあります。

それはローマ教会からの破門をも意味します。 本当に神父として、人間として「正しい」あり方とはいかなるものだったのか――遠藤周作は最後の最後に、小さな、そしてあふれるほどにあたたかい結論を残していきました。

 · 藤田 マーティン・スコセッシ監督の『沈黙』。なんと、遠藤周作の原作を映画化です。驚きました。そして、実に良かったです。「なんで今 ...

沈黙 意味 遠藤 周作 ⭐ LINK ✅ 沈黙 意味 遠藤 周作

Read more about 沈黙 意味 遠藤 周作.

2
3
4
5

Comments:
Guest
It's not only quiet people who don't say much.
Guest

Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.

Guest
People who look for the easy way out seem to have trouble finding an exit.
Calendar
MoTuWeThFrStSu