江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎

江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎

江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎



『赤い部屋』(あかいへや)は、1925年(大正14年)に発表された江戸川乱歩の短編探偵小説(犯罪小説 )。博文館の探偵小説雑誌『新青年』の1925年4月号に掲載され、『D坂の殺人事件』に始まる6ヶ月連続短編掲載の4作目にあたる 。一種の猟奇クラブに現れた男による自らの殺人遊戯の告白という体裁をとる 。

そして、江戸川乱歩は勿論、ポオを好んで敬愛していた訳であるのだが、どうやら、日本の作家の中では谷崎潤一郎に最も傾倒していたらしい。 大阪の貿易商は一年ほどで飛び出…

文豪ストレイドッグス 中島敦、太宰治、芥川龍之介など文豪の名を懐くキャラクターたちが繰り広げる異能バトルアクション! 原作:朝霧カフカ、漫画:春河35、監督:五十嵐卓哉、脚本:榎戸洋司、アニメーション制作:ボンズ

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

 · 前回記したように江戸川乱歩は「J・A・シモンズのひそかなる情熱」において、シモンズの自伝に見られる女性的立場から見て、彼は「ウルリックスのいわゆる男体女心(anima muliebrio in corpore virili inclusa)の一つの型」の「Urning」だったのではないかと推測している。

<江戸川乱歩、谷崎潤一郎> ・『検閲と発禁』水沢 不二夫 森話社 2016年 p.161~ 「Ⅳ‐11 佐藤春夫「律義者」、江戸川乱歩「芋虫」の検閲

江戸川乱歩は谷崎潤一郎の影響を受けていたそうですが、乱歩の作品には谷崎文学の特徴であるサディズムやマゾヒズムを扱ったものがあるのでしょうか? 『人間椅子』『お勢登場』『踊る一寸法師』なんかが、色濃いと思われる。しかし、個人的には『芋虫』に勝るものはないと存じます。

谷崎潤一郎が描く妖しい犯罪心理 谷崎潤一郎は江戸川乱歩が心酔していた通り、実に妖しげな香りの犯罪小説を色々と書いていた。谷崎が犯罪小説を書いていた頃、つまり大正の中頃は、谷崎のみならず、芥川龍之介や佐藤春夫も似たような味わいの小説を書いていて、これらは推理探偵小説 ...

谷崎潤一郎の略歴 幼少期~青年期. 1886年、谷崎は江戸情緒の残る東京の蠣殻町(現・人形町)に生まれました。谷崎の祖父は、一代で資産をなした優秀な商人で、幼い頃は比較的裕福な暮らしをしていま …

江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎 ⭐ LINK ✅ 江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎

Read more about 江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎.

5
6
7

Comments:
Guest
Gentleness and kind persuasion win where force and bluster fail.
Guest

The buck doesn't stop these days--In fact, it doesn't ever slow down.

Guest
It is better to hold out a hand than to point a finger.
Calendar
MoTuWeThFrStSu