江戸川 乱歩 の 本名

江戸川 乱歩 の 本名

江戸川 乱歩 の 本名



江戸川 乱歩(えどがわ らんぽ、旧字体:江戶川 亂步、1894年(明治27年)10月21日 - 1965年(昭和40年)7月28日)は、大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家・推理作家である。また、戦後は推理小説専門の評論家としても健筆を揮った。実際に探偵として、岩井三郎探偵事務所(ミリオン資料サービス)に勤務していた経歴を持つ。

美術人名辞典 - 江戸川乱歩の用語解説 - 推理小説家。三重県生。本名は平井太郎。早大卒。多彩な職業遍歴ののち執筆した『二銭銅貨』が「新青年」編集長森下雨村に認められ、文壇にデビュー。以後『d坂の殺人事件』『心理実験』『屋根裏の散歩者』『人間椅子』『陰獣』等怪奇な謎を秘...

江戸川乱歩の本名とペンネームの由来 江戸川乱歩は、1894年に三重県に生まれ、1965年にくも膜下出血のために亡くなる小説家、推理作家です。 江戸川乱歩(1894〜1965) 小学生、中学生の頃から多くの小説を読み、早稲田大学政治経済学科に入学。 ...

江戸川乱歩の本名は平井太郎といいます。平井家は武士の家柄で、祖先は伊豆伊東(静岡県)の郷士でした。のちに津(三重県)の藤堂家に仕え、乱歩の祖父の代まで藤堂家の藩士として勤めつづけました。

江戸川乱歩(えどがわらんぽ)の解説。[1894~1965]小説家。三重の生まれ。本名、平井太郎。筆名は19世紀米国の文学者エドガー=アラン=ポーのもじり。大正12年(1923)雑誌「新青年」に「二銭銅貨」を発表、日本の探偵小説の基礎をつくった。他に「人間椅子」「陰獣」「黄金仮面」、評論集 ...

江戸川乱歩のプロフィール:(1894-1965)本名平井太郎。三重県名張市生れ。早稲田大学政経学部卒。日本における本格推理、ホラー小説の草分け。貿易会社勤務を始め、古本商、新聞記者など様々な職業をへた後、1923(大正12)年雑誌「新青年」に「二

江戸川乱歩の経歴や作品を紹介しています。お気に入りの小説や本も紹介しています。小説のあらすじ等は個人的な解釈によるものですのでご了承下さい。

 · ミステリー、推理小説は文壇において欠かせない一大ジャンルです。現代においても数々のミステリー作家が登場し、数々の名作を生み出すとともに盛んなメディアミックスが行われています。そんな推理小説の黎明期に活躍した作家こそが、かの有名な「江戸川乱歩」です。

江戸川 乱歩 の 本名 ⭐ LINK ✅ 江戸川 乱歩 の 本名

Read more about 江戸川 乱歩 の 本名.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.
Guest

The one thing worse than a quitter is the person who is afraid to begin.

Guest
Happiness is nothing more than health and a poor memory.
Calendar
MoTuWeThFrStSu