歯車 芥川 龍之介 青空文庫

歯車 芥川 龍之介 青空文庫

歯車 芥川 龍之介 青空文庫



底本:「現代日本文学大系 43 芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:かとうかおり 1998年4月27日公開 2004年3月14日修正 青空文庫作成ファイル:

「歯車 (小説)」 文字遣い種別: 新字新仮名: 備考: この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫)

底本:「河童・或る阿呆の一生」新潮文庫、新潮社 1968(昭和43)年12月15日発行 1987(昭和62)年11月5日41刷 入力:蒋龍 校正:田中敬三 2009年3月24日作成 青空文庫作成ファイル:

Amazonで芥川龍之介の歯車 (青空文庫POD(ポケット版))。アマゾンならポイント還元本が多数。芥川龍之介作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また歯車 (青空文庫POD(ポケット版))もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 · 【電子書籍を読むならbook☆walker(ブックウォーカー)】[作品について]「歯車 (小説)」[初出]「文藝春秋」1927(昭和2)年10月[文字遣い種別]新字旧仮名

『歯車』(はぐるま) は、芥川龍之介の小説。芥川は1927年(昭和2年)服毒自殺を図るが、生前に第一章が雑誌「大調和」に発表され、残りは遺稿として発見された。『河童』、『或阿呆の一生』、『西方の人』と並ぶ晩年の代表作で、遺稿中では唯一の純粋な小説である。執筆期間は1927年3月23日から4月7日までとされる。ストーリーらしいストーリーはなく、芥川を自殺に追い詰めたさまざまな不気味な幻視、関連妄想が描かれている。

芥川 竜之介: 作家名読み: あくたがわ りゅうのすけ: ローマ字表記: Akutagawa, Ryunosuke: 生年: 1892-03-01: 没年: 1927-07-24: 人物について: 東大在学中に同人雑誌「新思潮」に発表した「鼻」を漱石が激賞し、文壇で活躍するようになる。

 · 青空文庫『歯車』:新字新仮名より引用) これはラストシーンで主人公の妻が言ったセリフです。このラストシーンは芥川龍之介の妻・文の追想記によると事実だったそうです。 この作品を書いた年、1972年の7月24日に芥川龍之介は服毒自殺を行いました。

歯車 芥川 龍之介 青空文庫 ⭐ LINK ✅ 歯車 芥川 龍之介 青空文庫

Read more about 歯車 芥川 龍之介 青空文庫.

5
6
7
8

Comments:
Guest
A bad habit is nothing more than a mistake repeated.
Guest

It's pretty hard to beat a neighbor who's as generous with his tomatoes as with his zucchini.

Guest
In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.
Calendar
MoTuWeThFrStSu