正岡 子規 短歌 写生

正岡 子規 短歌 写生

正岡 子規 短歌 写生



正岡子規の短歌作品の中から代表作10首にわかりやすい現代語訳を付けました。各短歌の句切れや表現技法、文法の解説と、鑑賞のポイントを記します。より詳しい解説は一首ずつの解説でご覧ください。

写生(しゃせい)とは、絵画などにおいて、事物を見たままに写しとることをいう 。主観的な表現を表す「写意」の対立概念である 。現在は「スケッチ」「デッサン」などの訳語として用いられることが多いが、東洋絵画における写生は描写対象に直接対することによって、「写意」と密接に関係しつつ 、形式にとらわれずに対象の本質に迫ろうとする性格を持つものであり、西洋の写実的絵画とは共通する点を持ちながらも相異なるものである 。日本語としての「写生」も、近代以前にはより広い意味で使 …

知恵蔵 - 写生の用語解説 - 対象をありのままに写す方法。明治以降、スケッチ、デッサンの訳語として一般化していたものを、正岡子規が短歌・俳句に導入した。子規自ら「写生といひ写実といふは実際有のままに写すに相違なけれども固より多少の取捨選択を要す」(「叙事文...

正岡子規の文学理念の中核に「写生」を置くのは、あまりに 一、子規短歌に詠まれた「写生」この問題を考えてみようと思う。歌の伝統を考えてみても、それは一筋縄ではないであろう。

正岡子規は、「写生」の重要性を終始、一貫強調した。 月並俳句の知識や教養にもたれた「ひねり」「くすぐり」を、子 規は嫌った。 ひねり、くすぐりは一種の暗喩や隠喩のはたらきによりかかり、頭の体操のような「お遊び」となる。

 · 幕末から明治にかけて多くの人物が活躍します。西郷隆盛や木戸孝允のように政治を動かした人物もいれば、北里柴三郎のように医学の分野で活躍した人もいます。文学の世界では夏目漱石が有名かもしれません。俳句や短歌の分野で大活躍したのが正岡子規でした。

前回までに、「われ」と「個性」が近代短歌の重要なポイントであり、近代短歌史の基本的枠組となったことを見てきました。そのあと、新しい短歌にとって何が大切なポイントになるのでしょう。「われ」とは何か。われとは「視点」なのだ。そう考えたのが正岡子規でした。

正岡 子規(まさおか しき、1867年 10月14日〈慶応3年9月17日〉 - 1902年〈明治35年〉9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。 名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。. 俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面にわたり創作活動を ...

正岡 子規 短歌 写生 ⭐ LINK ✅ 正岡 子規 短歌 写生

Read more about 正岡 子規 短歌 写生.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.
Guest

Joy is not in what we own...it's in what we are.

Guest
Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.
Calendar
MoTuWeThFrStSu