正岡 子規 春の 句

正岡 子規 春の 句

正岡 子規 春の 句



近代以降の俳句において、正岡子規(まさおかしき)が果たした役割はとても大きなものでした。 「写生」に基づいた現実密着型の俳句からは力強さを感じることもできます。その一方で、肺結核によって強いられた闘病生活に関する句からは、何とも言えぬ悲しさが伝わってきます。 この ...

※このデータベースでは、子規記念博物館のホームページで公開されている約24,000句のデータを利用させていただきました。 坂の上の雲 > 文学 > 春の句

子規の句碑 春や昔十五万石の城下哉 近代俳句の創始者、正岡子規の代表句である。 この句は、明治28(1895)年に、子規が日清戦争の従軍記者として戦地に赴く直前の句である。松山を象徴的にあらわす句として、松山の玄関口の一つであるこの地に置かれ ...

 · 正岡子規の有名な俳句(その1) 「 春や昔 十五万石の 城下かな 」 この俳句は、明治28年、正岡子規28歳頃の作です。日清戦争の従軍記者として中国へ赴く前、一時、東京から故郷の松山に戻った際に、詠み上げた俳句だそうです。

 · この句に登場する仏(ご遺体)は、この句の作者自身、つまり正岡子規です。 なかなか衝撃的な内容ですね。 この句を詠んだ時、子規はすでに死の床にあり、自分に残された時間を冷静に見つめていたことが伝わってきます。

正岡子規の俳句の中から個人的に選出した俳句です。 ... 別俳句一覧; 正岡子規の俳句. 広告 正岡子規の俳句の中から個人的に選出した俳句です。 春の俳句 ...

正岡 子規 春の 句 ⭐ LINK ✅ 正岡 子規 春の 句

Read more about 正岡 子規 春の 句.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
To think too long about doing something often becomes its undoing.
Guest

Always hold your head up, but keep your nose at a friendly level.

Guest
You can't turn back the clock--But you can wind it up again.
Calendar
MoTuWeThFrStSu