村上 龍 福生

村上 龍 福生

村上 龍 福生



村上 龍(むらかみ りゅう、1952年 2月19日 - )は、日本の小説家、映画監督、脚本家。 血液型はo型。 長崎県 佐世保市出身。 武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。

村上龍の福生を歩く 初版04/2/7 v01l01 今週は「村上龍を歩く」の三週目を掲載します。 前回は昭和45年4月に上京してからを掲載しましたので今週は「限りなく透明に近いブルー」の原点になった米軍横田基地がある福生を歩いてみました。

米軍基地のある福生へ 昭和45年10月、村上龍は西荻窪から福生へ移っていきます。「…西荻窪の狭いアパートに住んでいた当時十八歳の私は、ある出会いをきっかけにアメリカ空軍の基地の街である福生へと移っていくことになる。

村上龍の原風景は占領軍の街、佐世保にある。 福生がもつ空気感はそれとおなじだ。 横文字の看板に星条旗がはためく。 米兵が闊歩し、街娼や売春婦がたむろし、近寄り腕を組み、それを日本人は息を潜め …

限りなく透明に近いブルー (村上龍電子本製作所) 2009/04/01. ... 基地の街、福生(ふっさ)で暮らす若い男女の荒廃した日々を描いた本作品は、その衝撃的な内容と斬新な表現方法で、当時の文芸界に大きな衝撃を与えた。

ストーリーは村上龍が20代の頃過ごした福生市での体験を基にしている。当初の題名は「クリトリスにバターを」であったが、露骨な性表現のため改題した。 作品評価

村上龍自身が高校卒業後に過ごした福生での実体験をベースにした私小説であると言われています。 主人公リュウの視点から、基地の街で暮らす若者たちがセックスとドラッグに溺れていく様子を淡々と描 …

アメリカ軍の横田基地がある福生(ふっさ)市を歩くプランです。村上龍の小説『限りなく透明に近いブルー』でも描かれています。基地のある国道16号線には、雑貨やカフェ、ユーズド家具など、さまざまな個性的なお店がならび、どこか外国に来たような錯覚を起こします。

しかも村上龍が、小説『限りなく透明に近いブルー』の中で『福生』でのできごとを丁寧にカミングアウトしています。 出典:『限りなく透明に近いブルー』Wikipedia

村上 龍 福生 ⭐ LINK ✅ 村上 龍 福生

Read more about 村上 龍 福生.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Better to be square than to move in wrong circles.
Guest

Anyone who thinks there's safety in numbers hasn't looked at the stock market pages.

Guest
Last year I made a list of things that I resolved to do--I'll use that list again this year--it's still as good as new.
Calendar
MoTuWeThFrStSu