村上 春樹 スピーチ 卵

村上 春樹 スピーチ 卵

村上 春樹 スピーチ 卵



イスラエルのエルサレルム賞受賞時の村上春樹のスピーチ「壁と卵 - Of Walls and Eggs」。その時、村上春樹は映画『真昼の決闘』のゲーリー・クーパーになったような気分でエルサレムへ向った。「もしここに硬い大きな壁があり、そこにぶつかって割れる卵があったとしたら、私は常に卵の側に ...

 · エルサレム賞の授賞式で作家の村上春樹が語ったスピーチの言葉です。 「Always on the side of the egg(常に卵の側に)」とつけられたこのスピーチは戦争や紛争に対して村上春樹氏が知恵とユーモアを振り絞って権力者に向かって抗議をしたものです。

(村上春樹がエルサレム賞授賞式でこのスピーチをし、イスラエルの新聞のウェブサイトに英文が公開された2009年2月21日の直後に私がそれを大急ぎで和訳したものです。もとはグーグルのブログで公開していました。なお、村上本人の元の日本語の原稿と、ジェイ・ルービン氏による正確な ...

47ニュースの【日本語全訳】村上春樹「エルサレム賞」受賞スピーチより抜粋。 【日本語全訳】村上春樹「エルサレム賞」受賞スピーチ(前略) 「高くて、固い壁があり、それにぶつかって壊れる卵があるとしたら、私は常に卵側に立つ」ということです。

もしここに硬い大きな壁があり、そこにぶつかって割れる卵があったとしたら、私は常に卵の側に立ちます。 この文章は、村上春樹がエルサレム賞の受賞スピーチの中の一文だ。村上春樹のスピーチの中でも一番有名なものかもしれない。村上春樹の小説そのものも、この文章に象徴されて ...

村上 春樹 スピーチ 卵 ⭐ LINK ✅ 村上 春樹 スピーチ 卵

Read more about 村上 春樹 スピーチ 卵.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.
Guest

A truth that's told with bad intent beats all the lies you can invent.

Guest
An obstacle may be either a stepping stone or a stumbling block.
Calendar
MoTuWeThFrStSu