村上 春樹 アメリカ 文学

村上 春樹 アメリカ 文学

村上 春樹 アメリカ 文学



 · 今年もノーベル賞受賞者が発表されましたが、ノーベル文学賞では村上春樹さんが受賞候補と語られながら、今年も受賞を逃してしまいました。改めて村上春樹さんの作品が持つ魅力と、影響を受けたとされるアメリカ文学について考えてみたいと思います。

彼を抜きに五〇年代のアメリカ文学は語れないと村上春樹は言う。ジョン・チーヴァーはサリンジャーと同時代にザ・ニューヨーカー誌で活躍し、郊外の高級住宅地を舞台に洒脱でアイロニーに満ちた物語を描いた。ピュリッツァ賞も受賞した都

1979年に『風の歌を聴け』で文壇デビューを飾った村上春樹。「喪失の時代」の旗手ともいわれ、平易な文章に難解な物語が特徴的な作風で、日本文学の国際化にも寄与した「ハルキ・ムラカミ」は、実はアメリカ文学翻訳家という側面も持っています。彼が影響を受け、翻訳を切望した ...

村上春樹とアメリカ再考 : 村上春樹/Haruki Murakami の現在地 著者 佐藤 憲一 著者別名 Sato Kenichi 雑誌名 文学研究論集 号 33 ページ 13-24 発行年 2015-02-26 その他のタイトル Haruki Murakami and the U.S. Reconsidered : Where Haruki Murakami Stands

 · 村上春樹 編訳『ある作家の夕刻 フィッツジェラルド後期作品集』/アメリカを代表する作家の晩年. 1925年の長編小説『グレート・ギャツビー』の作者であり、アメリカ文学を代表する短編の名手であるスコット・フィッツジェラルド。

 · アメリカ文学を知れば、村上春樹作品が違って見えてくる? 2014.8.12 06:30 BOOKSTAND #村上春樹 アメリカ文学に触発された日本の小説

村上春樹のアメリカ黒人文化とジャズ――『ノルウェイの森』と 『海辺のカフカ』におけるジョン・コルトレーン表象から 佐久間 由梨 1.はじめに 村上春樹とアメリカとの関係については数多くの研究成果がある。日本のアメリカ文学研究

村上春樹はいかにして「世界のムラカミ」になったのか 初期翻訳者は語る ... 「日本文学の暗さ」を突破する村上春樹。 ... 元々がアメリカ文学 ...

村上春樹の平明 で、アメリカ文学の影響を強く受けたと見られ る文体は、多くの研究がなされており、それ自 体研究の対象として非常に興味深い。また、そ の文章が英語に翻訳されたものを読んでも、村 上春樹の世界は、翻訳により大きく損なわれて

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年 1月12日 - )は、日本の小説家、文学 翻訳家。. 京都府 京都市 伏見区に生まれ、兵庫県 西宮市・芦屋市に育つ。 早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。 1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。 1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年 ...

村上 春樹 アメリカ 文学 ⭐ LINK ✅ 村上 春樹 アメリカ 文学

Read more about 村上 春樹 アメリカ 文学.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
The buck doesn't stop these days--In fact, it doesn't ever slow down.
Guest

The best attitude to have it gratitude.

Guest
If you don't know where you are going, any road will get you there.
Calendar
MoTuWeThFrStSu